blog.tmp.tokyo

行ける時に空港へ行き、来た飛行機を撮る

PS4『Marvel's Spider-Man』× アニメ『ラブライブ!The School Idol Movie』 ニューヨークの街を散策する #03

前回記事に続く劇場版ラブライブ!のμ'sの足跡をたどる企画です。

f:id:tomohiko37_i:20210211235212j:plain

スパイダーマンの舞台となるニューヨークはゲームという特性もあってか、道路の数や建物などが実際とは結構異なっているのでなるべく近い場所や雰囲気が出ている場所をウォッチしています。PARTNERシリーズの場合の散策もそうですが、あくまで物語の舞台となったエリアの近辺で似ている場所を探しているもので正確性については雰囲気を楽しむものとしてご容赦ください。

Hello,星を数えて〜♪

劇場版のラブライブ!では9人全員で歌う曲は「Angelic Angel」と「SUNNY DAY SONG」の2曲ですが、各学年ごとの3人で歌う3曲もあります。そのうちニューヨークに来ている時に歌うのが1年生の3人の「Hello,星を数えて」です。この曲は前回記事で紹介したロックフェラーセンターから出た時に雨が降ってきて始まる曲ですが、最初にアパートの外階段のようなところから凛ちゃんが出てくるシーンがあります。

f:id:tomohiko37_i:20210212004309j:plain

実際、ニューヨークにはこんな外階段がある場所は山のようにあります。一番雰囲気の似ている場所は実際にニューヨークを聖地巡礼したという人の記事を参考にさせてもらい同じエリアで一番似ているところを探しました。場所的にはブルックリン橋のマンハッタン側の入り口付近のようです。

f:id:tomohiko37_i:20210212014031j:plain © OpenStreetMap contributors

f:id:tomohiko37_i:20210212014041j:plain © OpenStreetMap contributors

劇中のシーンだと外階段は窓?が2枚並んだところに設置されているので厳密には上のスクショの場所とは異なると思うのですが、建物の色とかはこの場所が一番近いと思います。

f:id:tomohiko37_i:20210212005151j:plain

あとこの曲ではブルックリン橋をバックに公園のようなところで1年生3人が踊るシーンが出てきます。これが上のスクショのあたりかと思いましたが、工事中・・・。公園らしきものもないので実際の聖地巡礼記事を参考にするとブルックリン橋を渡った先のブルックリンの方にある公園らしいです。つまり上のスクショだとイースト川の向こう側ということになります。

だが、スパイダーマンではマンハッタン以外に移動できない!

ということで捜索はここで終了です。ちなみに夕食でμ'sの面々が行ったレストラン(ことりちゃんがチーズケーキ丸ごと食べた時)もブルックリンの方にあるお店だそうです。

ひょっとして、はぐれた?

ニューヨークの街を巡る、となると穂乃果がみんなとはぐれてしまったシーンも見逃せません。ニューヨークの地下鉄は24時間運転のようですが、その出口もいたるところにあります。

f:id:tomohiko37_i:20210213150731j:plain

実際にはタイムズスクウェアの近くの地下鉄の出口のようですが、その近辺でそれっぽい風景になる地下鉄の出口を探してみました。地下鉄の出口から出て街を彷徨った後に謎の女性シンガーと出会います。その女性が穂乃果をホテルまで連れてきてくれるのですが、その途中で通るグランドセントラル駅はスパイダーマンの世界にも存在します。

f:id:tomohiko37_i:20210213151131j:plain

スパイダーマンの中ではグランドセントラル駅の中でテロリストたちとの戦いがあります。その時操作するキャラがスパイダーマンではなく MJ という女性です。メリー・ジェーン・ワトソンというのが正式な名前ですが、いつも MJ と呼ばれてます(「えむじぇー」と発音)。映画とかでは女優とかモデルをやっている女性でスパイダーマンの恋人役ですが、Marvel's Spider-Man では記者です。スパイダーマンとはお付き合いがあり、一度別れてますがこのゲーム中で復縁します。

f:id:tomohiko37_i:20210213151738j:plain

実際にゲーム中では MJ のアパート(マンション)の部屋へ行ってスパイダーマン(正体はピーター・パーカーという名前の男)が料理を作るシーンがあります。正体を知っている数少ない人で、二人の間にスパイダーマンのぬいぐるみがありますね。

まとめ

ラブライブ!編はこのくらいで終わりです。まだ探せばそれらしい雰囲気の場所はありそうですが、小説「PARTNER」の散策に戻りたいと思います。