blog.tmp.tokyo

航空機撮影の記録

ATLAS 〜 元JALのジャンボ再び

猛暑日が続く中、皆様はいかがお過ごしでしょうか。私は仕事に撮影に自宅で励んでおります。仕事をしながら適宜休憩を挟んでバルコニーに出て横田基地からの飛行機を撮影、また仕事、そんな毎日です。

www.blog-tmp.tokyo

先日撮影した元JALの機体がまた横田に来てました。昔は日本の航空会社が運航していた機体がアメリカの航空会社に売却され、再び日本の空を飛んでいる、というのも不思議なものです。

f:id:tomohiko37_i:20200821010422j:plain

入道雲をバックに横田基地から離陸する様子を撮影。航空機撮影をしている人は、有名なプロの航空写真家が飛行機と景色を合わせて情景的な写真を撮るのに影響されているのか、景色を合わせる人が多いです。

私は飛行機が好きなので、ぶっちゃけ景色なんてどうでもいいです。1mmでも大きく、カッコよく飛行機を写真いっぱいに収めたい、というタイプです。

むしろ景色は邪魔だ

別にプロになりたいわけではないですし。ドラゴンボールに出てくる「精神と時の部屋」みたいなところで飛行機を飛ばして撮影したいくらいです。

f:id:tomohiko37_i:20200821011000j:plain

ですからこういうのが理想です。貨物の飛行機なのに窓が残ってますね。これが元JALの名残りです。旅客機だったのを貨物機にしてるのですが、窓が残されているのです。

天気も良く順光。最高の撮影条件です。やはり光がちゃんと当たる写真はあまり後からいじらなくても美しいです。ほぼ撮ったままの状態です。

f:id:tomohiko37_i:20200821011326j:plain

f:id:tomohiko37_i:20200821011330j:plain

787を圧倒的に推す私ですが、最近はジャンボを見る機会が増えてジャンボも美しくカッコいい機体だ、などと思い始めてしまっています。

いろいろ家族とも話し合っているのですが、9月に入って多少涼しくなってきたら羽田や成田での撮影を再開しようと思います。

別に9月になると何か変わるわけでもないので、夏休みくらいから活動再開しても良かったのですが、いかんせん暑くて熱中症の危険の方が懸念されるので、今は大人しくして涼しくなってから活動再開することにしました。

もう少し、自宅から撮影します。