blog.tmp.tokyo

元航空写真家

自宅で飛行機を撮影する

新しい生活様式

濃厚接触、ロックダウン、クラスター、オーバーシュート、テレワーク、時差出勤、布マスク、大阪モデル、出口戦略、3密、密です、など今年の流行語大賞は豊富な候補があってさぞかし盛り上がるのではないかと思いますが、冷静に考えると航空機を撮影する趣味というのは致命的にこの時期再開が難しい趣味ではなかろうか、などと意味不明なことを呟いております。

新しい生活様式の一環として、天気の良い日はルーフバルコニーに出て飛行機を撮影しようと思います。

大空を駆ける白い翼を激写しました。

羽田を出発した福岡行きのJALの787です。青空に白い機体が美しく映えます。

ツイートしたら日本航空の公式アカウント様よりコメントいただきました。ありがとうございます。

だが、狙う獲物はコレじゃない。

来た!横田基地から離陸したアトラス航空の貨物用ジャンボです。早朝に横田に来ていたので、Flightradar24で機体の追跡アラートを仕掛けておいたのです。動き出したらアラートが鳴ります。

自宅マンションの真上を通過してくれるのです。望遠レンズを使えばこの通りです。

よく見ると一番右のエンジンがひとつだけカバーの色が異なりますね。理由は知りませんが。全部真っ白の機体です。成田とかでも時々見ることができます。

韓国の方へ飛んだらしいです。同じ日に戻ってきており、夜飛びました。

うちのマンションの真上に来る前に旋回して北に向かってしまいました。夜の撮影は全然ダメダメでした。

家からの撮影も結構楽しいです。