blog.tmp.tokyo

航空機撮影の記録

ミッドガル奮闘記(1)

更新: 2020年4月14日(火) タイトル変更

自宅に泥棒が入ったと連絡を受けた時、私は仕事から帰る母を待ちながらとあるものを買おうとスマホをポチポチいじってました。

www.blog-tmp.tokyo

それは衝撃の体験

23年前、初めて初代プレステを買った時にプレイしたのがFINAL FANTASY 7でした。6とか4はやっていましたが、3Dに進化したFF7には本当に驚きました。当時のプレステはメディアが CD-ROM でしたので、FF7 は CD-ROM 4 枚組という構成でした。そしてもうネタバレすらなりませんが、エアリスの死をもって終わる 1 枚目、その後の物語が続く 2, 3 枚目。ラストダンジョンの 4 枚目、と最後まで本当に壮大なスケールで描かれる物語でした。

ポリゴンで描かれる 3D の世界は今思い出しても圧巻でしたし、物語の随所に組み込まれているムービーシーンが当時のゲームとしては非常にリアルで驚いたものです。

インターナショナル版

実は本編の FF7 発売後に「インターナショナル版」というのが発売になっています。海外に出たものが再度日本に入ってきた逆輸入みたいなものですが、ウェポンと呼ばれる巨大なボスモンスターが追加になっていたり、新たな要素が加わった FF7 ももちろんプレイしました。当時は Amazon.co.jp とかなかったので、コンビニで予約が流行っていた頃です。

COMPILATION of FINAL FANTASY VII

さらに FF7 の快進撃は続きます。2003 年に FF10 とその続編である FF10-2 が発売され、従来の FINAL FANTASY は 1 作完結の法則が乱れ、次々と続編が出るようになります。FF4 も続編がありますし、FF10 だけではなく FF12, FF13 も続編が出るようになります。一番人気とも言える FF7 は一番続編や外伝などのスピンオフ作品が発売され、COMPILATION of FINAL FANTASY VII と名付けられました。

ビフォア・クライシス - FF7

当時の docomo の携帯電話 i-mode で話題になった i アプリでリリースされた作品です。神羅カンパニーの総務部である「タークス」の新人社員となって活躍するアプリゲーでした。私は少しだけプレイした記憶があります。本編よりも前の 6 年前の話だったと思います。

FF7 - アドベント・チルドレン

全編 CG の映画です。FF7 の 2 年後の話で、あの登場人物がリアルな CG で描かれ、声優さんも付いて本当に素晴らしい作品でした。私も DVD を購入して何度も見た記憶があります。タークスが仲間として同じ敵に立ち向かったりするので、その辺も面白いです。

ダージュ・オブ・ケルベロス - FF7

PS2 で発売されたヴィンセントが主人公のアクションゲーです。本編より 3 年後、アドベント・チルドレンの 1 年後に当たる物語です。まさかのヴィンセント主役という位置付けに驚いたものですが、物語の最後はクラウドやティファが脇役っぽく出てくるのが意外に面白いです。ヴィンセントの過去とかも結構語られるので、ヴィンセントのファンにはおすすめです。

クライシス・コア - FF7

クラウドの親友、ザックスの物語。本編の 7 年前の話です。PSP で発売されたので今はプレイすることが非常に難しいですが、正直スピンオフでは一番「泣ける」物語です。エアリスとザックスの恋愛ものなので、この二人のファンは是非とも。ちなみにエアリスの声優である坂本真綾さんとザックスの声優である鈴村健一さんはこの作品の中で恋人同士の役を演じられていますが、他にもガンダムシリーズで SEED DESTINY で主人公のシン・アスカを鈴村健一さんが、後半恋人になるルナマリア・ホークを坂本真綾さんが演じられましたが、なんと本当に結婚までされたお二人です。

リメイク制作の報

そして 2015 年には本編 FF7 のフルリメイクの開発が発表されます。ぶっちゃけ 10 年はかかるだろうなどとネットでは言われていましたが、あのアドベント・チルドレンのクオリティで本編がプレイできるということでファンは歓喜に震えたものでした。NHK の深夜のニュースとかでも話題に出たほどです。

www.jp.square-enix.com

そして発売日を迎えて・・・

購入。

だが待って欲しい。1年ほど前に私はPS4を手放している。

www.blog-tmp.tokyo

PS4 本体(しかも pro の方)と FF7 REMAKE のソフトをヨドバシカメラ.com で購入し、テレビもモニタもないので Amazon.co.jp で安い 21 インチのモニタを買いました。モニタは仕事でも使えるし、買ったまま放置している Raspberry Pi 4 のセットアップにも使えるし、いいことづくめじゃん、などと自己正当化を必死にしております。

おまけに今年は新型コロナの影響で遠征に全然行けていないので、昨年の今時点なら 3 回ほどは行っており、10 万以上のお金は使っているところなので PS4 + FF7 + モニタくらい 1 回分の遠征くらいなもの、などとさらに意味不明な供述を続けております。

本体と FF7REMAKE のソフトは明日(4/13)に到着予定で、モニタは明後日(4/14)に到着予定です。残念な感じの到着予定ですが、これも新型コロナウィルスによる外出自粛の影響で、直接店舗に買いに行くことは避けて配送をお願いした結果です。配送していただく方には仕事を増やしてしまい申し訳ありませんが、テレワークで自宅にいるので不在にはならないと思うので一発で確実に受け取る所存です。

ゲーマー人生再び

ぶっちゃけ新型コロナは今年中に終息はしないような気がしています。一旦は感染者数の増加が減るとは思いますが、再びみんなが普通の生活に戻って外出などを始めると再び感染が広がる気がします。そう考えると当面は空港での撮影や遠征などは控えるべきで、基本的に家で過ごす方向に切り替えるべきです。そのために PS4 購入は悪くない選択肢だと思っています(などという意味不明の供述を・・・)。

ちなみにゼロからの人生です

PlayStation Network のアカウントは生きているので、DLC など追加購入したものは再度ダウンロード可能ですが、PlayStation Plus は昨年本体手放したときに解約しているので、クラウド保存していたセーブデータは消えていると思います(少し調べてみたら半年以内に再加入すれば復活するそうですが)。そのため、同じソフトを再度購入してもゼロからの人生になるかと思います。当面は FF7 以外にプレイする気はありませんが、私のことなのですぐに過去にやっていたものをやりたくなるんじゃないかと思います(三国志とか三国志とか三国志とか)。

というわけで FINAL FANTASY VII REMAKE のプレイ日記が始まりますのでご期待ください(届いてからですけど)。