blog.tmp.tokyo

航空写真家

成田山新勝寺へのお参りとホヌ2号の捕獲!

2019年6月2日(月)の出来事です。

成田山新勝寺へお参りに行きました。前に少し書きましたが、母親が少し厄介な病気になり近いうちに入院と手術を行う予定です。命に関わるようなレベルではありませんが、少し落ち込み気味なところもあるのでお参りをして安心しておこうということにしました。

奮発して、というほどではありませんが新宿までは上りの京王ライナーに乗車。快適過ぎます。

山手線に乗って日暮里駅へ。スカイライナーに乗車します。今回は母親と二人なので座席も隣同士で見知らぬ人が来るかどうか気にする必要もなく気楽なものです。

成田空港まで行ってから引き返す形で各駅停車の電車に乗り、成田駅まで行きます。参道を歩いて成田山新勝寺に到着。母共々しっかりとお参りをしてきました。

そして、個人的にも成田山新勝寺に来たかった理由があり、このカード型のお守りを買いたかったのです。実はこのカード型のお守りを持っていたのですが、先日の大分遠征の際に帰ってきたらスマホケースに入れてあるものが無くなってました。

大分空港に落としてきたか、飛行機の中で落としたか、羽田で落としたか、どこかに落としてしまったのだと思います。

お守りを無くしてしまったので少しショックだったのですが、母曰く「身代わりになってくれたと思えばいいよ」と大分遠征は特に何もなかったのですが、安全に旅をできたことの引き換えに身代わりになってくれたのではないか、と言ってくれました。

そんなわけで、次なる旅が控えているので再びカード型のお守りを買ってスマホケースに忍ばせておくことにしました。今度は手持ちのカードを一緒に入れてずり落ちないように対策済み。

そしてこの日、我らがホヌ2号機が再び訓練飛行のため新千歳空港まで飛びました。成田山に向かう時には到着していて1〜2時間は新千歳にいるだろうと踏んで成田山にお参りに行ってしまうことにしたのでした。

想定より少し早かったのですが、お参りを終えたあたりでホヌが新千歳を出発。成田までは1時間20分ほど。成田山新勝寺から成田空港まではそれほど時間はかかりませんが、少し早足で参道を戻り、電車で成田空港へ。

展望デッキはホヌ見たさなのか、家族連れを始め沢山の人が来ていました。母親はiPhone撮影の人なのでどこでも良いのですが、私は愛用の一眼レフなのでレンズ用の穴が確保したいところです。

ベストなポジションとまでは行きませんでしたが、レンズ穴の場所はキープできました。ホヌが来るまでおよそ15分。カメラの準備とウォーミングアップで撮影をしているとすぐに来ました。

滑走路に向かって右側から着陸。16Rへの着陸です。この時は滑走路の近くにある「さくらの山公園」というところだと着陸を間近で撮影できます。

私は展望デッキ派なので基本は空港の展望デッキから撮ります。左右どちらから着陸になっても安心な点も良いですね。さくらの山公園などの外周部は突然の滑走路変更などの場合はアテが外れることごあります。私はその辺が嫌なので安全パイとも言える空港の展望デッキからにこだわります。

この日は天候が少し曇り空でしたが、逆に展望デッキは昼前から逆光になるので少し曇りくらいの方が撮りやすかったりします。明るさそのものは後からの現像で調整できるのです。

無事に訓練飛行からの戻りを撮影できました。母親も初めて実際にホヌを見ることができたと喜んでいました。急いで成田山新勝寺から戻って来た甲斐はありました。

この後、少しだけ撮影してこの日は撤収。お参りとホヌ撮影に満足して帰宅しました。