blog.tmp.tokyo

航空写真家

寝ている時の無意識の行動

哲学的な話になりますが、物心ついた頃から「寝る」という行為がイマイチ理解できませぬ。

と思いながら毎日寝てます。

目を瞑るといつのまにか寝ているわけですが、例えば目が見えない人は寝ると起きるの区別がどうやってついているんだろう、とかいろいろ疑問があります。

夢も不思議です。

テレビみたいにアンテナから映像を受信しているわけでもないのに、さまざまなドラマが脳内で繰り広げられてます。自分はこんなにもクリエイティブな人間なのか、と思いたくなってくるほどの混みいった設定や展開が面白いです。

夢の中で夢を見ることもあります。

人間は8時間睡眠するとして、1日の3分の1は寝てるわけです。90歳まで生きても30年は寝てるわけですよね。なんで寝るのでしょう。

で、本題です。

一昨日(5/26)のこと。

朝起きたら右手が血塗れでした。

これは夢じゃないと思って手元のiPhoneのカメラを自撮りにして顔を見てみましたが普段通りの寝起きの顔。枕元や着ている服も特に汚れてません。

右手だけが。

どこか痛むとか体の調子が悪いとかはなかったので、吐血したり怪我をしたわけではなさそうです。

無意識のうちにどこかへ出かけてヤバイ事件とかに巻き込まれた可能性を疑いましたが、記憶は全くありません。

深まる疑問。

深まる疑惑。

考えてもラチがあかないので、断捨離してくることにしました。

www.blog-tmp.tokyo

夕方、不意に原因が判明。

数日前から右耳の近くにニキビのような吹出物ができてたのですが、これが寝てる間に引っ掻いたのかわかりませんが出血した模様。少し血が固まった感じがありました。

少し安心。

過去にも朝起きたら寝ているときに鼻血を出して顔が真っ赤で起こしに来た母親が絶叫を上げたとか前科があります。

睡眠。

本当に不思議です。