blog.tmp.tokyo

華麗なるフォトグラファーなプログラマ

MENU

FLYING HONU 捕獲(5) 〜成田撮影日記(26)

たった数秒の戦いのために昼前から成田に来て準備を整え、無事撮影を終えました。

勝利の美酒が飲みたいッ!

と思うところですが、翌日も撮影がありますし、ホテルのチェックイン時間も迫っているので軽く食事をしてからいくことに。というか私はほとんどお酒飲めないんですけどね。

出汁茶漬け「えん」

第1ターミナルの4階出発ロビー階にあるショッピングエリア内のお店です。お茶漬けの店。新宿にもあります。川崎にもあったのですが、最近無くなってました。残念。

季節モノをいただきます。カツオのたたき。そのお茶漬けです。このお店はご飯の量を無料で大・中・小から選べます。無論、大をいただきます。

狭い店舗なので入れないことも多いですが、この時は19:30過ぎでしたのでガラガラでした。

第2ターミナルへ

この日に泊る事にしていたのは、成田空港第2ターミナル地下にあるカプセルホテルです。いつも泊る東横インが満室だったので。前から気になってはいました。狭い部屋が好きなのでカプセルホテル系が好みです。

無料のターミナル間連絡バスに乗り、第1から第2へ移動します。

9h ninehours

前にも少し書きましたが、以下が公式サイト。

ninehours.co.jp

各地にあるようですが、泊るのは初めて。第2ターミナルの地下は電車の駅があります。

JRの成田エクスプレスと京成スカイライナーです。それらの改札を横目に見つつ、真っ直ぐと奥を目指します。

途中で案内も出てました。

急に人が少なくなります。

だんだん不安に。なんでこんなに人がいないの?

案内は出てるので正しいとは思いますが。

こんな方にはきたことがないですし。

エスカレーターに乗ります。

ようやく目的地に到着。ここが成田空港に隣接するカプセルホテル「ナインアワーズ」です。

思ったよりも快適な寝床

入り口でチェックインを済ませて簡単な説明を受けます。

  • 男女で入るエリアは全く別。
    • 羽田とか関空の「ファーストキャビン」も同じですね。女性にも安心なホテルです。
  • 更衣室にロッカーがあり、渡された鍵でロッカーを利用する。
  • 荷物などは全部ロッカーに入れて、渡されたバッグに入っている寝巻きやタオルなどのアメニティを利用してシャワーを浴びたり顔を洗ったり。
  • 寝巻きに着替える。
  • カプセル内で寝る。

領収書は名刺みたいなものでもらえます。また、無料のWiFiサービスもあるので、接続情報を書いたカードももらえます。

基本的に外国人ばかりです。空港内は中国人とか韓国人が多いイメージですが、このホテルは欧米人が多い感じです。男から見てもカッコいいハリウッド俳優みたいな人がたくさんウロウロしてました。

更衣室のロッカー。スポーツジムとかの更衣室と同じ感じです。ここでガウンというかパジャマというか寝巻きのようなものに着替えます。健康診断とかの時の検査着みたいな感じです。

これが自室。狭いところが苦手でなければおススメです。私はこういうところが好きなので快適すぎました。

まとめ

  • 予想以上に快適。もっと早く利用すればよかった。
  • 10月2日に北海道行くときも前日泊まります。予約済み