blog.tmp.tokyo

行ける時に空港へ行き、来た飛行機を撮る

【後編】世界最大の旅客機A380の機内でお昼ご飯を食べる『レストランFLYING HONU』に行ってきました!

前回の続きです。

ここまでのレストランホヌ

2021年11月20日(土)に実施されたレストランホヌに参加することになり、「神」移動のバスでホヌまで来たところで前回は終わりました。

www.blog-tmp.tokyo

今回はいよいよ人生初のA380の機内へ入っていきます。

機内見学

外観

f:id:tomohiko37_i:20211121102354j:plain

バスを降りると撮影タイムです。三角コーンで仕切られた範囲であれば自由に移動して写真撮れます。スタッフの方が撮ってくれたりもします。時間も特に全体の見学時間が決まってるだけで、外にどれだけいても大丈夫です。

撮影のポイントとして、iPhoneであれば超広角モードでないと機体の全景は入り切りません。一眼レフであれば広角レンズ必須です。

f:id:tomohiko37_i:20211122020906j:plain

よく見ると飛行機の右側から乗るんですよね。通常、ボーディングブリッジやバス移動での搭乗は左側からの搭乗です。今回は見学コースの混雑回避の都合だと思いますが右側から乗って左側から降りるというルートでした。

見学機は1号機。登録番号JA381Aです。ハワイの「空」をイメージしたブルーの塗装です。通称「ラニ」くんです。

1階・エコノミークラス

f:id:tomohiko37_i:20211122020921j:plain

機内は全部動画で撮っていたので切り出しです。少し分かりにくい写真が多いですが、まずは1階です。1階はすべてエコノミークラスです。

料金は一番安いですが、さすがに席はかなりキツめです。私が過去にハワイへ行った時はハワイアン航空でしたが、エコノミーでしたのでこんな感じでした。ここにハワイまで8時間のフライトです。けっこうしんどいかと。

f:id:tomohiko37_i:20211122020904j:plain

エコノミークラス後方にはホヌにしかない「カウチ」席があります。真ん中の4席を買うと横一列を占領して寝転がったりして過ごせるんです。

料金的にもカウチ用の料金があったと思います。

f:id:tomohiko37_i:20211122020911j:plain

この写真はトイレの案内。よく見ると説明の絵が亀になってますね。当然これもA380だけにある表示です。

2階・プレミアムエコノミークラス

f:id:tomohiko37_i:20211122020918j:plain

機体後方の階段から2階へ。2回の後方はプレミアムエコノミークラスです。エコノミーより少しランクが上です。席も少し広め。実際に乗るならプレエコあたりが一番コスパが良さそうです。

2階・ビジネスクラス

f:id:tomohiko37_i:20211122020908j:plain

そして真ん中あたりはビジネスクラスです。横になって寝れるシートで、広さもあり、しかもどこの席でも隣を気にせず出入りができる全席通路側仕様になっているんだとか。

見た感じ複雑でどこから入ればいいのか迷いそうです。

2階・ファーストクラス

f:id:tomohiko37_i:20211122020914j:plain

最後は2階の前方です。最上級クラスのファーストクラスです。完全個室になるプライベート空間です。最大520人の乗客が乗れるANAのA380のうち、たった8席しかないクラスです。

これならハワイまで8時間も快適に過ごせます。料金もそれなりにかかりますが。

f:id:tomohiko37_i:20211122020901j:plain

その他、ファーストクラスのさらに前方にはバーカウンターや1階へ降りる階段もあります。

f:id:tomohiko37_i:20211122020916j:plain

今回は1階に乗り込んで機内で2階に上がりましたが、通常のフライトとかだとターミナルから直接2階席に入れるA380専用のボーディングブリッジがあるはずです。

再び外観(反対側)

f:id:tomohiko37_i:20211121102347j:plain

見学機を出て反対側におります。バスで隣にいる2号機へ移動ですが、他の人も待つので時間が許す限り外観の撮影ができます。

f:id:tomohiko37_i:20211121102359j:plain

これが2号機。登録番号JA382Aです。通称「カイ」くん。ハワイの「海」をイメージしたエメラルドグリーンで塗装された機体です。

f:id:tomohiko37_i:20211121102230j:plain

この顔。見てるだけで笑顔になれます。デリバリー後の初の訓練飛行の離陸も撮った機体ですし、実際に中に乗って食事をしたのもこの機体です。何かと思い入れのある機体になりそうです。

f:id:tomohiko37_i:20211121102259j:plain

f:id:tomohiko37_i:20211121102240j:plain

やはり間近で見ると改めて巨大な飛行機だと思います。これだけ近くで眺めることができるのもこのイベントの魅力です。

機内で食事

バス移動

f:id:tomohiko37_i:20211121102337j:plain

制限エリアですので隣の機体とは言ってもバスで移動になります。乗っていたのは30秒くらいだと思いますが。

降りれば隣に日本に到着したての3号機が見れました。今回のレストランホヌより前に開催された回ではこの機体はまだ日本に来てなかったので見れなかったのです。

直近のチャーターの時に見れたのかは分かりませんが、間近で見れたのは今回が初めてではないかと思います。

f:id:tomohiko37_i:20211121102248j:plain

見ての通り女の子のイメージですね。登録番号JA383Aの3号機です。通称「ラー」ちゃん。ハワイの「夕陽」をイメージしたサンセットオレンジの塗装です。

f:id:tomohiko37_i:20211121102311j:plain

ちょうどB滑走路に着陸する飛行機が真上を通過しました。ジェットスターのA320です。

実は2号機に乗る前にパイロット、客室乗務員、シェフの方と一緒に写真を撮っていただきました。顔出しはしてないので掲載はしませんがいい思い出となりました。

機内

機内に入り、さらに2階へ。

f:id:tomohiko37_i:20211121102357j:plain

バーカウンターにはこんな装飾が。スタッフの方々の手作りのようです。イベントに対する思いや我々乗客への気持など伝わってきます。

f:id:tomohiko37_i:20211121102349j:plain

今回は2Aの席です。座席指定はできません。完全にガチャです。2列目の左側の窓側でした。

f:id:tomohiko37_i:20211121102235j:plain

これを見た瞬間にガチャ大当たりだと思いました。後にCAさんとお話しさせていただいた時にも当たりですね、と言っていただけました。

人生初の2階席です。

f:id:tomohiko37_i:20211121102303j:plain

この写真、Twitterにも投稿して反応よかったのですが、ファーストクラスの席は広すぎて快適ですが、逆にこういうのに慣れてなくて落ち着かない感じです。

ぶっちゃけ身の丈に合わない席に来てしまったんじゃないか?と不安になりました。

ちなみに正面がモニターで、自分の姿が写り込んでいたのでモザイクかけたのですが、なんかいかがわしいビデオみたいになりました😓そんなものは見てませんので悪しからず。

f:id:tomohiko37_i:20211121102415j:plain

2階席から見るラーちゃん。位置が高くなり、また別の表情を見せてくれます。

食事

f:id:tomohiko37_i:20211121102314j:plain

少しリラックスした時間を過ごした後、お待ちかねのお食事タイム。テーブルを出して真っ白なテーブルクロスが敷かれます。メニューも豪華です。今回は「洋食」をチョイスしています。

Welcome Drink

f:id:tomohiko37_i:20211121102413j:plain

ウェルカム・ドリンクという表現が正しいのか分かりませんが、まずは駆けつけ1杯目。私はアルコールはほぼ飲めないのでオレンジジュースをいただきます。

安全のしおり

撮影忘れてたので撮りました。

f:id:tomohiko37_i:20211121102246j:plain

f:id:tomohiko37_i:20211121102322j:plain

特に深い意味はありません。たぶん食後だと忘れてると思ったので。

アミューズ

f:id:tomohiko37_i:20211121102340j:plain

アミューズと自分で書いておいて何のことか分かってませんが、調べてみたら料理の最初に出てくる「お楽しみ」ということみたいですね。

居酒屋とかの「お通し」みたいなもの?

ホヌのトリビア

f:id:tomohiko37_i:20211121102320j:plain

食事が始まると目の前のモニターにいろいろ映像が流れます。機内サービスは使えないので、用意されたコンテンツが流れてる感じです。

ANA オリジナルドリンク

f:id:tomohiko37_i:20211121102334j:plain

「香るかぼす」という飲み物です。美味しかったので、以後はこれを何杯も飲んでました。

アペタイザー

f:id:tomohiko37_i:20211121102253j:plain

f:id:tomohiko37_i:20211121102243j:plain

基本的にコース料理なんて食べたことはほぼないので「アペタイザー」が「前菜」ということも知らぬ存ぜぬですが、それよりもフォークやスプーンなどがクロスに包まれて置かれているのに数秒気づかず、CAさんにフォーク無いんですけど、と聞かなくて本当に心の底からよかったと思う次第です。

ブレッドセレクション

f:id:tomohiko37_i:20211121102352j:plain

パンです。シェフがカゴに入れて持ってきてくれて、食べたいものを選びます。調子に乗ってたくさん食べたらメインが来る前にお腹がいっぱいになってくるという初心者っぽい失態を・・・。

サラダ

f:id:tomohiko37_i:20211121102426j:plain

写真だと小さく見えますけど、結構大皿でした。シーザーとあと何かのドレッシングから選べたのですが、シーザーの方しか知らなかった(情けない)のでシーザーを選びました。

No Rain, No Rainbow

f:id:tomohiko37_i:20211121102327j:plain

食事の途中でアナウンスがあり、ハワイの諺で「No Rain, No Rainbow」というものがあるという話がありました。直訳すると「雨が降らなければ、虹は出ない」ということですが、苦しいことや辛いことがあっても、その後には必ず幸せなことがある」という意味だそうです。

コロナ禍で苦しいこの時期に、その思いを込めて機内の照明をレインボーにしてくれました。

メイン

f:id:tomohiko37_i:20211121102423j:plain

肉です。肉。洋食の中でも「肉」と「魚」が選べたのですが、やはり肉を食べてみたかったのです。パンも追加でもらってガッツリ肉を楽しませていただきました。柔らかくて美味しかったです。

チーズの盛り合わせ

f:id:tomohiko37_i:20211121102342j:plain

メニューにはなかったのですが、デザートが遅れてるとのことで、つなぎにどうですか?とお声がけいただき出してくれたものです。完全に酒のつまみだと思いますが、ジュースしか飲まない私でも楽しめました。

左側の小さな小鉢にアーモンドや胡桃の蜂蜜漬けが入ってるのですが、これとチーズを合わせて食べると酒がなくても楽しめました。家でもやってみたい組み合わせです。

デザート

f:id:tomohiko37_i:20211121102317j:plain

三種のアイスの盛り合わせ。機内食だからか、かなりガチで凍っててスプーンで食べるのも苦労しました。まあ解けるの待ってて食べればいいんですが。

f:id:tomohiko37_i:20211121102331j:plain

あと追加でお菓子が出てきました。メニューには無いものだと思います。美味しくてパクパク食べたのであんまり何だかよく覚えてませんが。

f:id:tomohiko37_i:20211121102402j:plain

食事中、常に窓からラーちゃんが見えてる最高の席だったわけですが、たまにBランに着陸する機体が見えました。

戦い終わって日が暮れて

楽しい時間はあっという間に過ぎるもの。機内に入ったのは12時過ぎでしたが、終わった時はすでに16時頃でした。3時間以上を機内で過ごしました。

チャーターフライトもそのくらいの時間かと思いますので、本当に飛ぶか飛ばないかの違いですね。こんなイベントもいいものです。

f:id:tomohiko37_i:20211121102227j:plain

f:id:tomohiko37_i:20211121102345j:plain

外に出ると日が沈みかけていました。改めてホヌはデカいなぁと感じます。ターミナルまではバスで移動です。この時の動画も撮ってあるので、近いうちに編集して紹介します。

f:id:tomohiko37_i:20211121102306j:plain

国内線で成田に戻ってきた時と同じ流れで解散です。スカイライナーの時間がちょうどよかったので、この日はそのままホヌの余韻を噛み締めながら帰ることにしました。

f:id:tomohiko37_i:20211121102301j:plain

実はターミナルに戻ってきて搭乗券を見せて記念品の受け取りと、事前に注文しておいたホヌのぬいぐるみの受け取りがありました。

国内線に乗ってすでにぬいぐるみはゲットしてありましたが、母親が欲しいということでお土産に買って帰ることにしていたのです。

お土産

最後に自宅に帰ってから記念の品々を見てみました。

f:id:tomohiko37_i:20211121102256j:plain

旅行カバンデザインのアメニティ、ANAのロゴの入った小物入れ、ストラップはイベント時に首からかけておくものです。あとはホヌのデザインの充電器です。上に置くだけのタイプです。

f:id:tomohiko37_i:20211121102251j:plain

アメニティの中身はこんな感じです。中身はともかく、このポーチみたいなものがずっと欲しかったんです。ホヌのファースト乗ればもらえるっぽかったのですが、ようやく手に入れました。

f:id:tomohiko37_i:20211121102237j:plain

あとはトートバッグとレトルトカレーとどら焼きです。どら焼きはANAのロゴとホヌの亀マークが刻印されてます。

f:id:tomohiko37_i:20211121102309j:plain

最後はステッカーとイベントのパンフレットです。これらは最初に受付した時にもらえます。ステッカーは受付のカウンターに置いてあるので自分で欲しければ取っていく感じです。

まとめ

本当に楽しい1日でした。前編に書いた通り、これまで乗る機会はあったものの、遺憾ながらキャンセルしてきたので、この日にA380の機内を体験できたのは本当に嬉しかったです。

おまけに3号機まで並んだ状態で見ることができたのも一生の思い出になると思います。CAさんやパイロットの方の話も聞きましたが、運航が再開すればホヌはハワイとの間を入れ替わりで飛ぶので、そろった状態で見ることは多分できないだろう、と。

本来はハワイ便として活躍しているはずだったので、最初から3機そろって見れる機会はほとんどなかったはずなのに、皮肉なことにコロナ禍の影響により、今回のようなイベントや3機並ぶ姿を見ることができたわけです。

CAさんから最後にいただいた言葉は「今度は飛ぶ機内でお待ちしております」というもの。チャーターが当たって欲しい気もしますが、やはりファーストクラスでハワイまで行く夢は叶えたいと思うようになりました。

コロナが落ちついて1日でも早く自由に海外旅行ができるようになることを願っています。