blog.tmp.tokyo

遠征旅日記

ミッドガルの写真家(4)

f:id:tomohiko37_i:20210613135202j:plain
お待ちかね。ユフィ登場!

本編で写真撮影に夢中でしたが、よく考えたらPS5版と言っても中身は全く同じでクリア済みでもあるので撮影くらいしか要素がありません。

有料DLCを購入済みでしたのでプレイ開始することにしました。DLCの内容はFF7ではお馴染みのウータイの忍びの末裔であるユフィの話です。

原作FF7ではミッドガルの話の中ではユフィは出てこなかったはずなので、今回は完全にオリジナルではないかと思います(たぶん)。

f:id:tomohiko37_i:20210613135151j:plain

アバランチと手を組んで何かやらかすためにミッドガルにやってきたユフィです。アバランチと合流のためにモーグリのポスターを目印に七番街スラムを進みます。

f:id:tomohiko37_i:20210613135148j:plain

ユフィは手裏剣を飛ばして戦いますが、移動時も遠くのスイッチを押したり、神羅ボックス(アイテムが入ってる)を破壊したりするのに使うことができます。地味にできる子。

f:id:tomohiko37_i:20210613135141j:plain

スラムと上層プレートの区別がついていない様子。ミッドガルってもっと都会みたいなところじゃないの〜?と。

f:id:tomohiko37_i:20210613135212j:plain

七番街スラムに着くと街中でテレビ放送が。伍番魔光炉の爆破事件のニュースが報道されているところです。クラウドはエアリスの教会に落ちていったあたりですね。

f:id:tomohiko37_i:20210613135154j:plain

街頭テレビを見ていたユフィにモーグリのぬいぐるみ?を持ったアバランチのメンバーが近づきます。見つけた時にユフィが叫んだ言葉、

イエス・モーグリ!

アバランチのアジトへ向かうべく男の後をついていきます。

f:id:tomohiko37_i:20210613135208j:plain

到着したアジトの近くでは見慣れたメンツが話をしています。ただ、この段階では話しかけることなどはできません。今後もどうなるのか

f:id:tomohiko37_i:20210613135157j:plain

右の男がイエス・モーグリの案内人。左の女性は初登場のナヨ。なんとなく服装がFF零式に出てきたキャラたちに似ています。

f:id:tomohiko37_i:20210613135205j:plain

自己紹介で浮くユフィ。

f:id:tomohiko37_i:20210613135144j:plain

ナヨの近影。今後、このキャラがどうか変わってくるのか気になるところです。

© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 
CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA / ROBERTO FERRARI 
LOGO ILLUSTRATION:©1997 YOSHITAKA AMANO 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。