blog.tmp.tokyo

航空写真家

UPSで思い浮かべるものは?

UPSというアルファベットの略語。何を思い浮かべますか?

無停電電源装置

だと思った方は業界の人ですね。それもバリッバリのエンジニアとかでしょうか。サーバとかが急な停電とかで電源断にならないようにするために巨大なバッテリーのようなUPSにつないでおいて、緊急時に安全に停止するためのものです。

私もずっとそう思ってました。

今はUPSと聞くとUnited Parcel Serviceだとイメージできます。ユナイテッド・パーセル・サービス。アメリカの貨物運送会社です。

同じくアメリカのフェデックスやドイツのDHLなどと並ぶ世界的に有名な貨物運送会社です。

今日の一枚

これがUPSの機体です。様々な種類の機体を保有する会社ですが、成田空港でよく目にするのはボーイング767-300の貨物版です。

貨物機の特徴は何と言っても「窓がない」事です。基本的に乗客がありませんので窓はありません。もともと旅客機だったものを貨物機に変えた場合などは窓を塞いだような跡が見えることもあります。

貨物機は成田空港の第1ターミナルの展望デッキから見ると右側の方に駐機することが多い(貨物区画がそちらの方なのだと思いますが)ので、割と展望デッキの目の前を通過することが多く、目にする機会はたくさんあります。

空港で貨物機を見かけた時は是非とも注目していただければ、と思います。