blog.tmp.tokyo

Peace cannot be kept by force. It can only be achieved by understanding.

16年目のiPhone

序。

2023年9月15日(金)21:00〜予約開始。翌週2023年9月22日(金)発売のiPhone15シリーズですが、私は23日(土)にJR八王子駅前にあるビックカメラで受け取りをしてきました。

購入機種

  • iPhone15 Pro Max
    • ブルーチタニウム
    • 256GB

予約

  • auのwebサイトから予約。
  • 受け取り・購入をJR八王子駅前のビックカメラに指定。
    • 以前は聖蹟桜ヶ丘にあるauショップを利用していましたが、カードが使えなくて本体一括購入をしようとすると現金をおろしてこないといけないなどの手間がかかるため、大手家電量販店を選びました。

購入手続き

手続きは係の人の指示で特に滞りなく進むので1時間ほど時間を見ておけば問題ありません。

ケースと保護フィルムも併せて買いましたが、保護フィルムを本体へ貼り付けるのは有料で1,100円です。保護フィルム貼りは自分でやるとゴミが入ったり手間がかかったり大変なので専門家にやってもらうようにしています。

並べて撮影

毎年恒例ではありますが、過去の機種を並べて撮影しております。上の写真の並びは以下のとおりです。

  • 上段(左から)
    • iPhone3G(2008)
    • iPhone3Gs(2009)
    • iPhone4(2010)
    • iPhone4s(2011)
    • iPhone5(2012)
    • iPhone5s(2013)
    • iPhone6+(2014)
    • iPhone6s+(2015)
  • 下段(左から)
    • iPhone7+(2016)
    • iPhoneX(2017)
    • iPhoneXs Max(2018)
    • iPhone11 Pro Max(2019)
    • iPhone12 mini(2020)
    • iPhone13 Pro Max(2021)
    • iPhone14 Pro Max(2022)
    • iPhone15 Pro Max(2023)

となっています。

箱などもデザイン、サイズともに毎年バラバラですね。

Apple信者

iPhoneというかAppleに関してもスクエニやFFと同様にアンチが多いです。何かというとすぐにApple信者という言葉で相手を罵るのが常套手段ですが、私の場合はもう20年以上のApple信者の純粋種ですからそんな言葉にも動じません。

一言だけ言わせてもらうなら、

新製品が出たらとりあえず買う。それが真のApple信者。

だということです。ゴタクを並べてるうちはまだまだ未熟者です。お布施が足りてない。

今年の目玉

正直なところiPhone14 Pro Maxと特に変わりはない

という印象です。まあ信者なので別に構わないのですが、その中でも話題になってるのはLightningケーブルの廃止でしょうか。

世の中にはLightningケーブルが親の仇のような人がいるらしく、頑なに否定しているようですが(特にヨーロッパのあたり)別に充電できればなんでもいいのでは?と思います。統一されている必要もないでしょう。

というわけでType-Cに変わりました。Nintendo SwitchとかPS5のコントローラーとかまあ確かに使われてるものは多いです。

ケーブルは付属しています。と、よく見ると両方Type-Cなのです。これって今までのコンセントに差し込むアダプタはType-Aなので使えないということになります。

割と本気で充電できないかと思ったのですが、MacBook ProのアダプタがType-Cだったので充電できてます。とりあえず持ち運び用に何か買ってこないと。

結。

今年も無事に新機種への移行が完了しました。毎年iPhoneの新機種を買うと秋の訪れを感じます。来年まで1年間徹底的に使い倒すことになると思います。昨年同様に22万円です。

もはやPCより高いという感じもありますが、私自身は肌身離さず持ち歩いて使い倒しているのであまり高いという感じはないです。金額分は使っているかと。

前にも書きましたが、iOS17に搭載予定のJournalアプリはまだ提供されていないためリリースされれば使ってみて記事を書いてみたいと思います。