blog.tmp.tokyo

航空写真家

北の国から(10) 国際線への往路

空港は街である。

そう言った人がいたかは知りません。今、ふと私がそう思っただけです。羽田空港は第1、第2、国際線、と3つのターミナルに分かれていますし、それ以外にも空港関係者の勤務する施設や整備工場など様々な施設が集まっています。

羽田のある大田区は東京23区では最大などと曰うておりますが、実は領土の1/3は羽田空港です。

成田空港も2つのターミナルに関連して様々な施設があり、2本の滑走路の間にはホテルなどの施設もあります。さらに関空などはそれ自体が人工の島になり、海に浮かんでいます。

つまり、空港とはひとつの街なのです。

ドラクエでもFFでも新しい街に行ったら隅から隅まで見て周り、どんなお店があるのか、どんな武器や防具が売っているのか、そんな散策をしたりする楽しみがありました。

新千歳空港も間違いなく街です。それも巨大な。

予備調査なして来たので、国際線ターミナルへどうやって行くのかは全く知りませんでした。羽田や成田はバスでターミナルを移動しますが、新千歳空港は徒歩で行ける模様です。長い一直線の通路があるようですね。

今回はこんな感じで移動しました。帰りの便のチェックイン開始時刻まで1時間を切っていたので、あまりじっくり眺める時間はありませんでした。

国内線の3階から通路を通って国際線へ行き、国際線の方で2階に降りて国内線に戻って来ました。特に考えて行動したわけではありません。

上の図では3階から移動と書きましたが、厳密には4階の雪ミクのところから移動開始しました。

こんな丸い物体が。

アニメイト潰れてますやん。ちょうど数日前に終わっていた模様です。

シアターまであります。写真に撮りませんでしたが、このすぐ隣は温泉もあります。まさに「街」ですね。

ここからエスカレーターで3階へ。南アルプスの天然水の広告がッ!北海道は南アルプスなのかッ!謎が一つ解けました。

牛乳BARの文字が。あまり牛乳は飲まないのでスルーしました。北海道の牛乳は美味しいんですかね。酪農とか盛んなイメージがありますが。

長〜い通路があります。この辺りは両サイドがチョコレート関係のお店。「ロイズチョコレートワールド」です。

工場みたいにチョコレートの製造工程がガラス越しに見学できます。

なかなか可愛いです。

続けて現れるのが「ハローキティハッピーフライト」のエリアです。サンリオのキャラクターがたくさんいるカフェなどがあります。

あまり人が入っているようには見えませんでしたが、たぶん平日だからだと思います。まあ、小さい子を連れた家族連れが結構この通路を歩いていたのは気にしないことにします。

そして最後に登場するのが、少し前に国内線ターミナル内で見かけたドラえもんの謎が解けた場所。「ドラえもん わくわくスカイパーク」です。

最近はドラえもんも声が変わってしまい、大山のぶ代さんの声が懐かしい世代ですが、私の姪などは逆に今の声がドラえもんの声だと認知しているので、昔の声を聞くと違和感があるようです。

時と共に声のイメージも変わって行くのですね。どちらも本物のドラえもん。これからも時代と共に声優さんが変わることがあっても、ドラえもんは永遠に続いていきます。

さて、長かった通路も終わりが見えてきました。

ドラゴンボールで悟空が界王様のところへ向かう時に通った「蛇の道」を彷彿とさせます。界王様がいるかはわかりませんが、ここが国際線ターミナルです。

国際線ターミナルは一部工事中の模様です。もともとがどんな場所だったのかは知らないので、どう変わるのかもわかりませんが。

外国人の方もたくさんいましたが、一言で言えばガランとした感じです。国内線の方はたくさんの人であふれていましたが、こちらは少し寂しいですね。

界王様いたッ!嘘です。エバー航空のチェックインカウンターにある女性スタッフの立ち絵です。

ガラス越しですが外が見える場所がありました。

自衛隊の千歳基地の方が少し見えます。政府専用機が1機いますね。さきほど展望デッキで見かけたのが訓練と思われますので、もう1機は待機している模様です。

道路を走る車も見えます。札幌の市街地へ行くにはこっち方面なのか、と。今度来るときは少し街へも行ってみてもいいかもしれません。近くに泊まるところとかリサーチした方が良いかもしれませんね。

5回続いたので、次回は北海道編は1回休みです。久々の御朱印ネタです。前半5回、中盤5回ときたので、後半が5回の予定です(まだ5回もあるのか)。