blog.tmp.tokyo

航空写真家+セールスライター

MENU

続・JALの行き先ガチャ「どこかへマイル」に申し込み!

早くも続編です。

www.blog-tmp.tokyo

結果が出ました。

「どこかへマイル」復習

前回記事を読んでない方や忘れてしまった方、あまり深く触れなかったのでよくわからなかった方もいらっしゃるかと思いますので、もう一度書いておきます。

JALやANAは飛行機に乗るとマイルが貯まります。ポイントのようなものですね。最近だと提携するお店で買い物をしても貯まります。

JALもANAもそのマイルを貯めると、航空券と引き換えてくれるのですがJALの場合は、

  • 国内線:6,000マイル(片道)
  • 国際線:7,500マイル(片道)

くらいです。私は13,000マイルほどありました。国内線なら2回(つまり往復)乗れるわけです。このマイルの使い方で新しい提案としてJALは「どこかへマイル」というサービスをやっています。

6,000マイルで往復乗ることができます。しかし、行き先はどこかわかりません。JALが決めます。往路と復路の日付と時間帯を指定するだけです。行き先も便もJALが決めたものに乗る形です。その代わり、必要マイル数が半分くらいになるわけです。

ガチャは2回

JALのサイトから申し込みができます。上に書いた通り、日時を指定(私は5/11にしました)するとすぐに1回目のガチャが行われます。そこで候補地が4ヶ所提示されます。

  • 福岡
  • 大分
  • 徳島
  • 高知

私の場合はこの4ヶ所でした。再度ガチャできて候補地4ヶ所は選び直すことも可能みたいです。前回記事にも書きましたが、私は1回目に出たところのままにしました。その方が面白味がありますからね。

そして、数日後までに最終目的地が決まります、と連絡メールが来て一旦は終了。前回はここまででした。

そして、翌日(4/12)すぐに返信が来ました。行き先が決まりました、とのことです。

行き先は?

ズバリ、大分ですッ!大分空港へ行くことが決まりました。G.W.に福岡へ行きますが、そのお隣ですね。九州の2ヶ所目です。ちなみに決定した理由などは明かされません。まあガチャですから。そのまま受け入れましょう。

大分と言えば

もちろん行くのは初めてです。大分と言えば「別府温泉」ですね。温泉街が有名。香川県の「うどん県」にならって「温泉県」と名乗ろうとして叩かれたのはよく覚えています。

温泉を始め、共同浴場が苦手なので基本的に旅先では部屋風呂かシャワーのみです。島根にいるときも温泉には一度も入りませんでした。

そのため、今回も温泉レポは120%ありませんので悪しからず。

乗る便は?

乗る便もすでに決まっています。座席指定も済ませてあります。安心です。

往路

羽田空港から大分空港までは、

  • JL663便
    • 羽田 9:50発
    • 大分 11:25着

です。機材は737です。島根にいた頃に何度も乗った機体です。久々に乗れるのが嬉しいですね。

復路

帰りは逆方向。

  • JL672便
    • 大分 16:55発
    • 羽田 18:30着

です。帰りも機材は737になります。往路の機体にそのまま乗るのではなく、時間が開くので一度羽田に戻るはずです。同じ機体が来るか、別のが来るかはわかりません。

座席は往路共に最後列を指定しました。九州だと国内線でも割と長めのフライトです。最後列であれば後ろを気にせずにリクライニングを倒せます。トイレも近いですしね。席は窓側です。

大分空港

さて、大分空港について全く知識がなかったので少し調べてみました。行ったことがないので公式サイトやWikipediaでの知識です。

空港設備

大分空港の空港コード(3レター)はOITです。航空管制で使用される4レターコードはRJFOです。滑走路は1本。長さは3,000mあります。本数はともかく地方の空港としては長い滑走路です。これなら何でも降りることができそうです。

滑走路の方角は01/19です。どちらから離着陸することが多いのか、など滑走路運用についてはおいおい調べていきます。ILS(計器着陸装置)はカテゴリーIです。安定の地方空港レベル。

就航しているエアライン

国内線の他に国際線も就航しているようです。主に韓国のようですが。

  • JAL
  • ANA
  • ソラシドエア
  • IBEX
  • Jetstar
  • t'way

あたりが来ているようです。想像以上にたくさんのエアラインが来ていますね。今回はもちろんJALです。

展望デッキ

展望デッキがあるようです。今回はバリッバリの日中なので開いている時間帯を調べる必要は全くありません。

予備知識ゼロですので、ぶっつけ本番で撮影してきます。前回記事ではカメラは前に持っていたものを、とか書きましたが現地で予想以上に時間があるので、愛機を持参して少しでも展望デッキから撮影できればと思います。

上に書いた便に乗るので、大分空港では4〜5時間は自由時間があると思います。那覇空港の2時間などに比べればものすごい余裕がある旅です。

その他設備

レストランはいくつかある模様です。食事には困らなそうです。コンビニもありますし。空港から出るつもりはないので、レストランは2ヶ所くらいは行ってみたいですね。

その他、JALの店「Blue Sky」やANAの店「ANA FESTA」もあります。何か大分土産を買ってきます。

まとめ

  • 初の大分空港へのフライト
  • 天気になってくださいッ!