blog.tmp.tokyo

航空写真家

日帰りで大分空港へ行ってきました!

以前書いたJALの行き先ガチャのマイレージ旅「どこかへマイル」で当てた大分空港へ令和元年5月11日(土)に行ってきました。

www.blog-tmp.tokyo

ちょうどこの日の前日あたりにいろいろありました。

  • 宮崎周辺で震度5弱の地震。
  • JALのチェックインシステムがダウン。
  • 大分県30度越え。

不安要素しかありませんでしたが、無事行って帰ってきました。

出発・羽田空港

今回は羽田からなのでとことん安く行けます。航空券はタダですし、羽田は近くまで会社の定期券があるので僅かな差分だけです。

9:50発の飛行機でしたが、7:45くらいに羽田空港に来ました。早めに来て写真を撮ろうと思ったからです。

8時過ぎに保安検査を抜けて制限エリアへ。

搭乗口の近くで朝食。1時間以上時間があったので、九条ねぎ蕎麦をいただきます。この蕎麦最高に美味しいんです。前に島根に住んでた時に、島根に帰る飛行機が遅延してお食事券をもらってこの蕎麦を食べたのが始まりです。

大量のねぎがシャキシャキで最高なのです。

搭乗口は3番。端の方です。伊丹や福岡、新千歳などのドル箱路線なら歩かない近くの搭乗口ですが、人気のない地方路線は端の方まで歩く羽目になります。島根がそうでした。

機材は737-800です。話題のMaxはまだ日本には入ってきてないので従来型の安心安定の737です。

到着・大分空港

人生初の大分県に到着です。1週間前に福岡に来ていたのですが、やはり初めての土地はワクワクしますね。

「おんせん県」別府温泉とか湯布院とかありますからね。確か前に香川県の「うどん県」に対抗して「おんせん県」名乗って叩かれたという話を聞いた気がしますが、この辺はどうなったのでしょうか。

展望デッキ

温泉に興味が全くないというか、なんとなく共同浴場に入れないので大分空港から出る予定は全くありませんでした。特に迷うことなく到着してすぐに展望デッキへ来ました。

環境はとても良いです。ただ、フェンスの前に植え込みがあります。つまり羽田や成田のようにフェンスに密着して撮影ができません。これは手強い。航空ファン泣かせですね。

一ヶ所だけガラス張りで穴の空いている場所がありました。ただ、それほど大きい穴ではないので、望遠レンズのレンズフードを付けていると穴から出せませんし、そもそも子供連れの方々が多くこの場所で飛行機を眺めているので撮影のチャンスは全然ありません。

少しだけ撮らせてもらってiPhoneで穴から撮りました。これが羽田から乗ってきた機体です。穴から撮ればバッチリ撮れるのですが、それ以外は辛いですね。

ところが大分空港の展望デッキは↑こんな感じの高台が用意されていました。ここへ上がるとフェンスを越えて撮影ができます。

展望デッキ全体に段差注意のバナナのオブジェが。まあわかりやすいですが、最初は何かと思いました。

展望デッキ全体の眺めも良いです。この日は天気も良くて最高でした。暑かったですけどね。

撮る場所も確保し、天気も最高。絶好の撮影日和のはずですが、いかんせん飛行機がいないのです。自分が乗ってきた飛行機がいるくらいで全然他のは来ません。40〜50分に1本くらいくる感じです。

これが大分空港か。

食・へっぽこグルメツアー

で、あまりやることもないので飛行機の離陸を見たら食事へ。しばらく飛行機来ないですし。

なゝ瀬 大分空港店

展望デッキのある3階にある和食レストランです。「ななせ」と読むようです。大分名物を食べておこうかと。

それほど混んでいる様子もなく、すんなり入れました。この辺は地方空港のメリットでもあります。

「だんご汁定食」です。だんごと言っても丸ではなくきしめんのように平べったいビヨーンと伸びた感じです。けんちん汁にだんご汁が入っているような汁物です。鳥の炊き込みご飯が付いてます。

あとは単品で頼んだ「とり天」です。その名の通り唐揚げではなく鳥の天ぷらです。ポン酢のようなタレをつけていただきます。

だんご汁もとり天も絶品。大分の食もまた非常に良いですね。時間があればもっとあれこれ堪能したかったところですが、今回は日帰りなのでこの辺で。

ラーメン味噌亭

また少し撮影をして少し小腹が減ったところで、先ほど食べた「なゝ瀬」と同じフロアにラーメン屋があったので入ってみました。

大分名物「ネギみそラーメン」とあるのが実は気になったのです。大分はネギみそラーメンとやらが名物なのか、と。

ならば食べてみるしかありません。やや辛めでしたがネギたっぷりのラーメンです。これはこれで美味しかったのですが、普通に東京のどっかで食べたことがあるような気もします。大分出身のラーメン屋みたいなところがあるのでしょうか。

あまり深入りはしません。美味しくいただきました。

お土産

せっかく大分まで来たのでお土産も買います。

空の駅「旅人」

2階の保安検査前にあるお店。というか実質的にここしかお土産買うところがない気もします。

「おんせん饅頭」にしました。1箱3個入り。これを3個買いました。

はっきり言うと福岡空港で買った「博多通りもん」と同じ食べ物です。まあ美味しい食べ物でしたが。

出発・大分空港

そして16:55に大分空港を出発する737-800に再び搭乗しました。さすがに九州だけあって16:55でも全然明るいです。日が伸びてる時期ですし、西日本ということもあり、明るいまま出発です。

搭乗直前で正面から撮影できました。

帰りの便は後方座席がガラガラだったので、私が座っていた最後列の通路側の席も窓側や中央席が誰もおらず、窓側へ移らせてもらいました。空いてる時はこういうこともあるのでラッキーですね。

羽田までのフライトは常時良い天気でした。天気が良すぎて太陽の光が強く、逆に撮影が難しかったです。忍者レフと呼ばれるレフ版があると良いのですが・・・。

羽田に到着する頃には夕陽が綺麗な時間帯に。以降、着陸はタイムラプス動画でお楽しみください。

youtu.be

地方空港の特権?ともいうべきオープンスポットです。つまりバスでターミナルまでご案内です。

飛行機を間近で見れるチャンスなので、航空ファンとしては嬉しい限りですね。

最後に

弾丸ツアーでした。飛行機の数は少ない空港でしたが、大分空港は十分に楽しめました。初めての大分県ということも興奮しました。やはり行ったことのない土地へ行くのはワクワクしますね。

JALの「どこかへマイル」は自分が行ったことのないようなところへ連れて行ってくれる良いチャンスです。マイレージが余っている方は是非試してみてはいかがでしょうか。