blog.tmp.tokyo

No Promises Await at Journey's End

龍紋シリーズの完成 〜 MHW:IB #070

序。

正直なところ前回記事を持ってアイスボーン攻略については卒業してP5RのPS版に専念しようかと思っていました。比重はP5Rになるとは思いますが、時間を見てアイスボーンもコツコツやりたいと思います。

まあ、なんというか元来負けず嫌いなところがあるというか、他の人たちが散々「アルバトリオン倒しました〜」とか「ミラボレアス周回してきました!」とかX(旧Twitter)で見かけるのに、自分はそこまで辿り着けずに辞めて他のゲームで充実感をアピールしてるのはなんか情けないと思ったんです。

「敵(ではないですけど)と戦う時は相手の土俵で勝ってこそ」と思ってるので、自分の土俵に引き込んで勝てるのは当たり前なんです。

時間はかかっても、大狩猟展には間に合わなくても、アルバトリオンとミラボレアスを討伐するまでやめられません。

マルチでもやりたいけど、最終的にはソロで倒すのが目標です。ワイルズの発売まではまだ十分時間もあると思うので、他のゲームやりながらでも間に合うかな、とタカを括ってます。

狩。

そんなわけで、まずはやりかけていたムフェト・ジーヴァの装備を完成させます。その後になんとなく重ね着が作りたくなったのと、アルバトリオン対策でよく氷刃ベリオの武器が良いと言われていたりするので作りに行ったりと週末で結構進めてきました。

龍紋シリーズ制作

龍脈覚醒のスキルはムフェト防具を3つ装備すると発動します。だから3部位(頭、胴、腕)ができており、あとは腰と脚の2つ分です。とりあえず残りの部位の防具を作ってしまいます。スキルについては後から考えることに。

再び集会所へお邪魔して「赤き龍」の攻略を開始しました。勝てたり負けたり時間切れになったり。攻略そのものを楽しむことも必要なのかもしれませんね。結果を求め過ぎていたのかもしれません。

M★6「赤き龍」

討伐。

M★6「赤き龍」

時間切れ。

M★6「赤き龍」

討伐。

M★6「赤き龍」

失敗。

M★6「赤き龍」

失敗。

M★6「赤き龍」

討伐。

M★6「ジンオウガよさらば」

ムフェト防具の「龍紋」シリーズは胴だけαを作っていました。とあるサイトで調べた時にそうなっていたのでαにしていたのですが、あと少しでβの胴も作れるようになってました。

ムフェト素材は集まっていましたが、イビルジョーの天鱗が必要だったのでマカ錬金でもらうことに。そのためには「天の竜人手形」が必要なので蒸気機関を回す必要があります。その燃料稼ぎのためジンオウガをやることに。

M★6「鳴神上狼、荒事を成す」

野良で「さらば」の方が出てなかったのでもうひとつの方へ行ってみたのですが、こっちは装飾品稼ぎの方だったらしく。

M★6「暁の凱旋」

たまたま野良に暁の凱旋が出ていたので参加してみました。あわよくば・・・という邪な心があったのは人間なら誰しもそうでせう。

・・・3乙で終わりました。幸いなことに私は乙ってません。少しずつ動きはわかってきたのかもしれません。

M★6「ジンオウガよさらば」

燃料稼ぎ。

無事にこのあと天の竜人手形を10個手に入れてジョーの天鱗ゲットしてます。あと9個は天鱗相当の素材をマカ錬金で手に入れられます。

ここまでで無事にムフェト防具(β)一式と双剣で主だった属性のものは手に入れられたのでムフェト周回は終了としました。

次は「マム・タロト」が来週末に出るみたいなので、また周回して武器などを手に入れたいと思います。

ウーロンの重ね着制作

時間があったので重ね着を作ることに。

ちょうどアステラ祭とかセリエナ祭が始まっており、また情熱の重ね着が作れる「情熱SP」チケットがもらえました。

このSPチケットはマカ錬金で他のお祭りの時の「〇〇SP」チケットと交換できます。等価ではないのがキツイですが。

私がかねてより欲しかったのはチャイナドレスが作れる「万福SP」でした。情熱SPが3枚で万福SPを1枚作れます。万福SPは2枚持っていたので、残り3枚。情熱SPを9枚手に入れれば交換できるはずなのです。

ジンオウガとかやった時に1〜2枚はもらえていたので、サクサクっと終わるペンギン捕獲のクエストを周回することにしました。

なお、この情熱SPを取るにはパッションの防具を付けておくともらえる確率が上がります。そんなわけでサンバのお姉さんみたいな格好でクエストやってます。

M★1「ギブクレペンギンつかまえた!」

M★1「ギブクレペンギンつかまえた!」

M★1「ギブクレペンギンつかまえた!」

M★1「ギブクレペンギンつかまえた!」

M★1「ギブクレペンギンつかまえた!」

M★1「ギブクレペンギンつかまえた!」

M★1「ギブクレペンギンつかまえた!」

M★1「ギブクレペンギンつかまえた!」

M★1「ギブクレペンギンつかまえた!」

M★1「ギブクレペンギンつかまえた!」

M★1「ギブクレペンギンつかまえた!」

M★1「ギブクレペンギンつかまえた!」

M★1「ギブクレペンギンつかまえた!」

M★1「ギブクレペンギンつかまえた!」

M★1「ギブクレペンギンつかまえた!」

ここまででチケットが集まり(出ない時もあったので)重ね着が作れました。

M★6「ジンオウガよさらば」

作った重ね着を誰かに見てもらいたくてジンオウガへ。まあ、別に誰も気にしてないかもしれませんが。装衣とか着てしまうとあまりよくわからなくなりますしね。

ベルゲルヴァトラ制作

アルバトリオン対策ではムフェト防具で固めれば装備面はいいっぽいのですが、前回記事に書いた通り「龍脈覚醒」というスキルが発動してしまいます。パワーアップの代わりに攻撃の度に体力が減ります。

これを相殺するために攻撃の度に体力が回復する「回復能力付与」のカスタム強化をしておくと良いみたいなんです。ただ、ムフェト武器はRARE 12です。このランクの武器に回復カスタムするには導きの地のレベルを7まで上げる必要があり、そのためにはMRが100にならないといけません。

さらには素材として歴戦のネロミェールとかの素材が必要になり、倒すのもなかなかしんどそうだな、と思ってました。

そこで、もうひとつのアルバトリオン対策の武器として語られる「氷刃佩くベリオロス」の武器ならRATE 11です。MRも70ほどで地帯レベル6で良さそうですし、歴戦もプケプケの素材になるため少しやりやすそうです。そのため新たに氷刃ベリオの武器を作ることに。

M★5「老士の高踏」

氷刃ベリオはイベントクエストで登場します。M★5の方が簡単でいいんじゃね?というのと、場所が闘技場なのがいいのでまずはこちらへ開きました。

クエストが出ていなかったので自分で貼りましたがすぐに2人ほどきてくれました。

M★6「終の白騎士」

氷刃ベリオの素材は集まったのですが、氷牙チケットというものが必要でした。これは同じイベントクエストでM★6の「終の白騎士」というクエストでもらえるようです。ちょうどクエストが出たので野良で参加。2枚もらえました。

M★6「終の白騎士」

あと1枚。

何度か検索していたらまた出てきたのですぐさま参加しました。野良の方が2乙して失敗かな、と諦めかけていましたが無事にクリア。チケットも1枚もらえました。

無事に氷刃ベリオの双剣も作れました。

撮。

龍紋シリーズ

ウーロン重ね着

ベルゲルヴァトラ

結。

なんのかんのいってもモンハンには不思議な魅力があるのか、しばらく離れていると無性にやりたくなってくる気がするんですよね。

あまり焦らずにコツコツと自分のペースで進めていこうかと思います。あとはソロで狩猟する機会も増やしていこうかと思います。

次は回復カスタムを氷刃ベリオ武器に付けるのが目標です。少し時間がかかりそうなので毎日少しずつやっていきます。まずはやることを整理しないと。