blog.tmp.tokyo

No Promises Await at Journey's End

iPad Air 13inchを購入!

序。

ちょうど6年ほど前になりますがiPadの第6世代を購入してずっとあれやこれや適当な使い方をしておりました。

www.blog-tmp.tokyo

当時の記録を見ると4万円弱で買ってますね。先月あたりにこのiPadは親に譲って自分は新しく5月に発売となったiPad ProかAirを買おうと考えてました。

一度はProを買うつもりでビックカメラまで行って在庫を見てもらったりしたんですけど、ちょうど欲しいモデルの在庫がなくて見送りました。

そこから約2週間ですが、本日(2024年7月7日)新たにiPad Airの13インチを購入しました。

iPad Air 13inch

いろいろ検討したのですが、2024年7月現在ですとiPadのラインナップはこんな感じです。

  • iPad Pro(M4)
    • 13inch
    • 11inch
  • iPad Air(M2)
    • 13inch
    • 11inch
  • iPad(第10世代)
  • iPad mini(第6世代)

電子書籍とかをメインに見たりするのでminiは対象外。昨今の円安事情もあってProやAirは10万超えどころか20万円に近いほどの価格になるため、iPad(第10世代)を6万弱で買う選択肢も考えてました。

ただ、iPad(第6世代)は足かけ6年は使ったので、そこまで使うなら多少は値段が高くても元は取れるだろうと考え、さらに買うなら13インチに手を伸ばしてみてもいいかと思いました。

Proの13インチはさすがに値段もかなり高く、ここまで出すならMacBook Proを買った方がいいレベルなので今回はAirの13インチを選択しました。

ProとAirは5月に発売になったばかりなので、まだ当面は最新機種でいられるという点も理由のひとつです。iPad(第6世代)は発売が2022年と約2年前です。そろそろ次のモデルが出ると考えられるので、たぶん私が買うとすぐに新しいのが出たりします。

そんなわけで14万円ほどの出費でしたが、今回はiPad Airの13インチを購入しました。ビックカメラ(八王子)ではパープルの128GBだけ在庫があったのでそちらをチョイス。色はあまり拘らないですし、自宅以外での用途は考えてないので色はなんでも良かった感じです。

開封の儀

さすがに13インチだと箱も大きめです。

これまでiPadは何度か購入してきましたがminiとかを買うことが多かったのでAirは初めての経験です。今回調べるまでAirの立ち位置があまりよく分かってませんでした。今ではProと通常iPadの間に位置するグレードですね。

13インチだとパッと見た感じ「デカい!」という印象です。アスラン・ザラのフィギュアより大きいです。

あまり写真だとサイズ感が出ていないかもしれませんが、ファミ通最新号がワイルズの特集だったので買ってみました。実際の雑誌サイズと比べても近いサイズなんじゃないかと思うほどです。

雑誌とか技術書とか漫画とかは基本的に紙版のコピーになるため、タブレットでの閲覧が事実上必須と言えなくもないです。今回13インチを選択して非常に快適に見れるようになりました。

結。

ということで我が家にも新型iPadがやってきました。電子書籍の閲覧とYouTubeやAmazon Prime Videoの視聴などがメインになりますが、他にも使いたい用途はいろいろ出てくると思うのでどんどん使い倒していこうかと思います。

とりあえず明日の帰りには保護用のケースくらいは買っておこうかと思います。

※画像はiPadの写真以外すべてChatGPTで生成したイメージです。