blog.tmp.tokyo

No Promises Await at Journey's End

心の怪盗団、再結成!〜 Re:P5R #001

序。

2024年7月4日〜7月17日までの期間でアトラスの作品の一部が50%オフで発売されるセールが開催されています。

  • ペルソナ5 ザ・ロイヤル(PS5)【3,839円】
  • ペルソナ5 ダンシング・スターナイト(PS4)【1,210円】

とお買い得になってましたので購入しておきました。実はP5Rについては過去にクリアしております。

www.blog-tmp.tokyo

Xbox Game Passにてリマスター版が発売された2022年10月21日からプレイ可能でした。クリアしてしばらくしたらXbox Game Passから外れてしまったので今現在はプレイできません。追加ストーリー部分がプレイできないままになっていたのでいずれは購入するかな、と思っていたところでした。

シリーズ構成

P5Rに合わせて「ダンシング・スターナイト」も購入しております。この辺のスピンオフ作品がわかりにくいので整理しておきます。

  • ペルソナ5 ザ・ロイヤル(P5R)
  • ペルソナ5 ダンシング・スターナイト(P5D)
  • ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ(P5S)
  • ペルソナ5 タクティカ(P5T)
  • ペルソナ5: The Phantom X(P5X)

今時点ではこのくらいかと。ジャンルとかを整理すると以下の通りです。

  • P5R:本編、コマンド選択式RPG
  • P5D:音ゲー。
  • P5S:P5Rの続編。アクションRPG(無双)。
  • P5T:P5RとP5Sの間の話。タクティクス系。
  • P5X:同じ世界観での別の怪盗団の話。スマホゲーム。日本ではまだ展開されていない。

私自身も全てやれているわけではなくてP5RとP5Sの途中までしかやってません。今回P5Dを購入したので、できる限りやれるものをやっていこうかと思います。

物語。

詳細なプレイ日記的なものは次回以降から書きます。前回プレイ時はクリアレビューしか書いておりませんでしたが、もう発売からだいぶ経過しているのでストーリー的なことも書いていきます。

あらすじ

主人公(名前は「雨宮 蓮」というアニメ版の名前を使用しています)は高校2年生。地方(どこかは不明)で暮らす高校生でしたが、とある夜に帰宅途中に寄った男に絡まれている女性を助けた際に不可抗力で男を怪我させてしまいます。

その男は後にストーリーにも登場しますが、権力者ということもあって警察は完全に男の味方になってしまい蓮は傷害の前科がついてしまいます。地元の高校を退学処分となり、保護観察で東京の高校へ転校してくるところから物語が始まります。

そして初登校の日に知り合った坂本竜司と共に謎の空間「パレス」へ迷い込み、ペルソナの力を手に入れます。同じ力を発動していく仲間たちと共に日常の学園生活とパレスでの戦いを交互に行いながら世の中の悪い大人を改心させる「心の怪盗団」として活躍していく物語です。

めちゃくちゃ面白いRPGなので全人類にプレイして欲しい作品です。

アン殿

ヒロイン的な女性キャラは何人も登場します。中でも一押しなのが「高巻 杏」です。モデル業もやってる高校生で序盤から登場します。

www.blog-tmp.tokyo

前回プレイ時にフィギュアが再販されたので予約注文していたのですが、実に2年近く音沙汰なくてつい最近届きました。まだ未開封なのでP5Rクリアしたら記念で開けてみようかと思います。

結。

とりあえず開幕2時間ほどプレイしています。あらすじは書きましたが、実際の「見せ方」はかなり演出に凝ってるので初見プレイではかなり驚きがあると思います。2回目でも大体の流れは知り尽くしているものの、時間を忘れて引き込まれて先をどんどん見たくなるのは流石の作品です。

一応、全録画しながらプレイしているのでモンハンとかのように全数把握の形で細かくプレイ日記を書くことは可能なのですが、単純にそう言ったプレイ日記を書いても面白くはないと思うのでひとつの事件ごとに事件の概要と心の怪盗団の行動や戦いなどを振り返りつつ物語を考察していくような分析型の記事を書いてみたいと思います。

そんなわけで連日出せる内容にはならないと思うので、溜まっているスマホ版DQ2の記事で繋いでいこうかと思います(まだクリアできておらず)。あとモンハンストーリーズの記事が1回分は書き途中なのでそちらも近いうちに出します。

引き続きご期待ください。