blog.tmp.tokyo

No Promises Await at Journey's End

2周年の日の狩り 〜 MHR:S #262

序。

久しぶりにNintendo Switchを起動したら変なエラー画面が出ました。何だったんでしょうか。そろそろ寿命なのか・・・。サンブレイクだけで1,500時間はやってますからね。酷使してると言えばしてると思います。

www.blog-tmp.tokyo

前の記事でも書きましたが、サンブレイクが発売から2周年を迎えています。新作のワイルズはワールドやアイスボーンの系譜という感じでセーブデータ特典もサンブレイクではなくて、なんとなくサンブレイクが無かったことになっている感じもしなくはありませんが、モンスターハンターシリーズの最新作は現時点ではサンブレイクです。

狩。

2024年6月30日(日) この日だけはサンブレイクをやらなきゃだめだ、と強い使命感と共にサンブレイクを始めました。

マルチ前

昼間と夕方でしたが、一人でサンブレイクも楽しみました。サンブレイクは盟勇がクエストへ同行してくれるので野良で行くクエストとかは盟勇といった方がいいくらい活躍してくれます。

ヒノエさんとミノトさんを連れて得意のディアブロスを狩猟してきました。ここ最近はアイスボーンかストーリーズかその他のゲームをしていてサンブレイクは久々です。

傀異討究:ディアブロス

最盛期はノーダメで狩猟なんて当たり前でしたが、何度か被弾しました。盟勇がいてくれたり、オトモのヨツバの癒し鳥もあるので全く無問題でした。

M★4「モンジュにハンター!?」

たまにはランダムで、と野良で入ったらモンジュにハンターでした。ディアブロス2体クエストで、見た感じMR100前の人たちだったのでMR上げでやっていたのかもしれません。

お手伝いさせていただきました。

マルチ

そして夜になってからのマルチです。

傀異討究:オサイズチ

ライトボウガンで参戦。

やはりライズ、サンブレイクといえばライトボウガンが最高です。アイスボーンも慣れてきたのですが、サンブレイクに戻るとやはり良さが目立ちます。最新作なので当たり前といえば当たり前なのですが。

傀異討究:アオアシラ

ライトボウガンで参戦。

始めてから片手剣で来ればよかったと感じました。モンスターによって向き不向きはあると思ってるので、アオアシラみたいな小さめの身体のモンスターに貫通弾は少し相性が悪いと思ってます。

傀異討究:ロアルドロス

片手剣で参戦。

逆にこちらは貫通弾通りやすいんですよね。サンブレイクでは双剣を使っていないので近接なら片手剣になります。Xbox版のサンブレイクが残っているのですが、片手剣か双剣でやってみようかな、とか思ってます。

傀異討究:マガイマガド(怨嗟)

怨嗟マガドですが、オトモが原初メルゼナです。オトモの方がメインみたいなクエストになってます。原初メルゼナは本作最強とも言えるモンスターなので怨嗟マガドとのセットは非常に緊張します。

どちらもパッケージモンスターの強化個体なのですが、このクエストもらえました。ソロでやるかと言われればまずやらないとは思いますが、マルチでご一緒した際などに貼らせていただくクエストになれば、と思ってます。

傀異討究:シャガルマガラ

続けてもうひとつの最強です。傀異克服シャガルマガラです。紅蓮バゼルがオトモでいました。場所は塔の秘境です。原初メルゼナと比較してどっちが強いかと言われると迷うのですが、どちらも強いです。

傀異討究:フルフル

最後はフルフルです。

ライトボウガンならあまり苦労もせず。こいつは近接だとやりづらいと思います。電気ビリビリしますからね。

撮。

結。

2周年にマルチ、は何としても実現したかったことでした。募集してるのを見つけてお邪魔する形でしたが、やはり次回作では自分から部屋をたてて募集する流れを作りたいです。

あまり人が来て運用するのは慣れていないのですが、少しずつ今からでもやっておきたいですね。いきなりだとなかなかうまくいかないことも多いと思いますし。簡単ではあってもルールは定めておいた方がトラブルもなさそうですし。