blog.tmp.tokyo

No Promises Await at Journey's End

【MGEX】1/100 STRIKE FREEDOM GUNDAM 制作日記 #10

序。

鈍足で進めているプラモデル作りです。

先日、SEED FREEDOMの新キットのデスティニーとゼウスシルエット、およびラスボスのカルラのキットの予約ができなくて悲しい思いをしました。DMMでキャンセル待ちに登録してありますが期待はしてません。

発売日が11月末なので、またビックカメラに並んで買う感じかと思っています。

買うばかりで作るのが全く追い付いていません。MGEXはなんとしても作り上げたいので重い腰を上げることにしました。

制。

2024年6月22日(土)の記録です。

この日はFF16の発売日ということもあってFF16をやろうかと始めたのですが、なんとなく気分が乗らずワールドをやったりしてみたものの上手くいかず、エルデンリングも触りましたが心が折れてゲーム意欲が下がってきたのでプラモを作り始めた感じです。

プラモは争奪戦が最低なだけで、キットを組むのは楽しいです。まあ、もう現時点でこの先数年は組み続けられるくらいのキットを買い込んでるので、これ以上増やすのは必要ないのですが、新しいキットが出ると欲しくなってしまいます。

ここまでのMHEXストフリ

内部装甲を作り終えて頭から胴体、腕、腰と外部装甲を組んできました。足の一部を組みかけていて終わっていました。

あと、背中のウィングも組み上がっています。これを装着すればとりあえず武器以外は完成になります。

今回は《脚》の制作

今回は脚の部分を作ります。

どうでもいい話ですが、最近自分の部屋に設置しているバッファロー製のNASNEが妙に「ブーン」という音が大きいような気がして電源を落としています。自宅で仕事をしてる時期ならともかく、私も親も平日の昼間は仕事で家を留守にするので万が一火でも出たらやだな、と思って電源オフにしてます。

したがって録画とかもできないのですが、あまり見なくもなってきているので特に影響はありません。前はキット組む時は録画したドラマとか映画を見ながらやったりしていたのですが、最近は少し手元が見づらくなってきたりすることもあり、メガネを外して作業したりする関係でテレビなど見ながらは辛いものがあります。

逆にラジオとかは手元から目を離さなくて済むのでよく聞いています。あとは何も見ないで聞きもせず黙々と作っているか、のいずれかです。案外没頭できていいこともあります。

結。

残るは腰に装備するレールガンを作ればウィングと合体させて本体は完成です。武器類を作れば終わりなのでそろそろ完成が見えてきました。

2024年6月23日(日)に「ニトリ」でパイプと金属の網でできた棚を買ってきました。そこへ買い溜めていたガンプラのキットを整理しました。

こうしてみると随分とまあ買ったものだとつくづく思います。まだ数年はプラモだけで遊べる気がしてます。

まだ、積んでるキットはありますしね。ごく一部のみを棚に整理したということです。ワインセラーみたいにコレクション的な感覚で集めてもいいのかもしれません。いずれ開封するという点でもワインに通ずるものがあります。

まずはMGEXの完成ですね。