blog.tmp.tokyo

No Promises Await at Journey's End

紋章集め:水 〜 DQ2@iOS #018

序。

ドラクエ2の4コマ全然描けてません・・・。

いかんせん暇があれば何かのゲームをやってばかりで、ブログの記事は通勤電車の中とか何か待ってる時とかの暇つぶしに書いてることが多いので自宅でPCに向かう時間が取れていません。

取ればいいだけなんですけどね。少しでも多くのプレイ時間を確保したくてゲームやる方に時間を費やしています。

とりあえずスクショでご容赦ください。

旅。

紋章集めもいよいよラストです。

デルコンダル城

金の鍵を取ったら世界中で泥棒三昧。武器屋の裏から回り込んで勝手に宝箱を開けていきます。

ガイアの鎧をゲット!

ラダトーム南東の島

前に突然怒鳴られた祠です。4コマでも描いてますのでご覧ください。今度はちゃんとロトの印を持ってるぞ、と。

www.blog-tmp.tokyo

対応が全然違います。こう言う人は信用してはいけません。ロトの兜だけもらって立ち去りましょう。

ペルポイ

街に入ると誰もいないところに男の人が一人だけいて街の人がどこかへ行った〜と嘆いてるのですが、階段降りると街があります。金の鍵が必要な階段です。

街の人たち、あの男の人を村八分にでもしてるのかな。迎えに来てやれよ。

道具屋でひとつだけ不自然に商品名が書かれていないものがあるので選択してみると牢屋の鍵を買うことができます。秘密裏に販売してるらしいのですが、これはいいんですかね。

ルークッ!

覚えているだろうか。前回記事で漁師町ザハンに行った時にルークという名の彼氏を待ち続ける女性がいたことを!

↑この女性。

確かザハンには男があまりおらず、みんな漁に出ているのでした。しかし、その船は魔物に襲われて海の藻屑となったのです。そのことを伝えに来た人が宿屋に宿泊していましたが言えないと悩んでいたのです。

そして、その船に乗って漁に出たルークという名の恋人を待つ女性が彼の帰りを待つシーンに心が押しつぶされそうになったのでした。

その顛末を解決するイベントは発生しません。まだこの時期のドラクエはあまりNPCの問題を解決するイベントのようなものはなく、全てはラスボスを倒すためのイベントに凝縮されています。

まあ、容量の問題とかだと思いますけど。

このペルポイという街は装備品も含めてかなり色々手に入るところなのですが、街の外れに逃げた人を追いかけていくと水門の鍵をくれます。これは後ほど使うので大切に持っておきましょう。

ムーンペタ

そして、紋章です。

なんとムーンペタの街にあります。ムーンペタは王女がかつて犬にされて飛ばされた街です。ここに金の鍵を使わなければ入れない場所があるので入っていくと地下におりられます。

牢屋の中に魔物がいるのでペルポイで買ってきた牢屋の鍵を使って中の魔物と対峙します。べビルというモンスターです。こいつは後のロンダルキアの洞窟などでもお見かけする強敵です。

倒せば水の紋章が手に入ります。

これで5つの紋章が手に入りました。

結。

今回の記事で5つの紋章がそろいました。これでいよいよラストに向けてスパートをかけていきます(主にブログの方について)。

乞うご期待ください。4コマ漫画も頑張って描きます。