blog.tmp.tokyo

No Promises Await at Journey's End

収束の地 〜 MHW:IB #051

序。

2024年5月31日(金)の早朝のSTATE OF PLAYにて新たなPVが出て急に情報がたくさん出てきたモンハン次回作のワイルズですが、6月8日(土)6:00からも新たな情報が来るそうです。

完全新規のモンスターとかが発表されるらしいので、メインモンスターのような立ち位置のモンスターが発表なのかもしれないですね。楽しみです。

狩。

ワイルズの情報が解禁されて一番の衝撃がセーブデータ特典についてでした。

通常は「前作」のセーブデータがあれば新作で何かもらえると言うのは多いですが、モンハンにおいて「前作」はサンブレイクになるはずなんです。

それなのにワールドやアイスボーンのセーブデータがあれば、というのが衝撃でした。サンブレイクが無かったことにされている?そんな気さえします。しかもアイスボーンはもう6年も前の作品ですからハード含めてもう手元にない人も多いと思いますし、Steam版とかでワールドやアイスボーンやって次回作はPS5で、とか言う人もいるんじゃないかと。ワイルズやるハードに「前作」のセーブデータが存在しないといけないのは少し厳しいですね。

前回記事までで最後の古龍3体の調査は完了していたので、今回は古龍討伐に向かうこととしました。

いよいよラストです。

★8「鋼鉄のクシャルダオラ」

クシャルダオラ戦です。

救難信号ですぐにきてくれて戦いは楽でした。しかし、最後のトドメのところで暴風に体力を削られてまさかの乙。

キャンプに運ばれたところで猛者たちが倒してくれました。リザルト画面が情けない状態に・・・。

★8「爆炎のテオ・テスカトル」

続けてテオ・テスカトルです。

こちらも救難信号ですぐきてくれて楽な戦いをさせてもらいました。Steam版では乙って戻る間に倒してもらった感じでテオに苦手意識があったんですが、今回はまあまあ貢献したかな、と多少の満足感はあります。

★8「冥底のヴァルハザク」

最後の古龍はヴァルハザクです。

「ザクとは違うのだよ、ザクとは」

というセリフしか浮かんできません。倒すのはモビルスーツではなくモンスターです。瘴気対策をした方がいいんでしょうけど、そんな装備は整ってません。

MRのヴァルハザクは苦戦しましたが、上位なので(救難信号きてくれれば)楽ではあると思います。

★9「収束の地」

3体倒したらこの日は終わりにしておこう、と思っていたんですが勢いづいてラスボスまでやることにしました。

こちらも救難信号は程よくきてくれたのですが、2人きてくれたうちの一人が2乙しました。乙は仕方ないと思いますが、クエストは失敗かな、と少し諦めかけていたところで無事にクリアできました。

ENDING

これでワールドに関してはクリアできました。すぐにアイスボーンに行くこともできるので、ワイルズのセーブデータ特典はゲットできると思います。

ただ、Steam版のところでも散々書きましたが、上位を時間かけてやっておくことは非常に大切だと考えているので、まだすぐにはアイスボーンへ行かずに上位のクエストをたくさんやっていこうかと思います。

特にHRを50まで上げて、

  • 「我が名はヴォルガノス」で装飾品
  • 不動の装衣入手
  • 転身の装衣入手

は確実にやっておかないとMRで苦戦するのはSteam版で痛いほどわかったのでコツコツ進めます。

装備もいろいろ作っておきたいです。MRではナルガクルガのライトボウガンを作ることになるはずなので、派生元になるジュラトドスの武器は完成させておきたいです。(Steam版の時はなくて上位のジュラトドスに戻って素材集めをしました)。

歴戦モンスターとかもいますので、その辺はしっかり倒しておくのも必要かと。

兎にも角にもモンハンのストーリークリアはチュートリアルの終了のようなものなので、ここからが本番です。

MHW: ICEBORNEへ

HR20になりました。

あと30は上げないと上に書いた内容は消化できないため、まずはフリークエストなどに潜ってHRを上げていきます。

アイスボーンへ行くのはまだ先にします。ここへ行くための準備が始まるのです。今回は十分な準備が整わないうちは行きません。

クリア状況整理

現時点でのサンブレイク、アイスボーンのクリア状況です。実は6/5(水)はXbox版のワールドが配信になるんです。これに手を出すかどうか、を悩んでます。

結。

セーブデータ特典って次回作が仮にクロスプレイ対応してくれるならどこかのハードでクリアデータ持ってたら特典もらえないの?と言う気もします。

そのためにはアイスボーン自体もアップデートが必要になるのでしょうから難しいのかもしれませんが、その辺は何とかしてほしいところですね。

いずれにしても無事クリアまで辿り着きました。一安心です。