blog.tmp.tokyo

No Promises Await at Journey's End

写真機に始まる急展開 〜 RONIN #004

序。

平日と休日の時間の進む速さは明らかに異なるものがあり、その真実の解明は相対性理論でも説明することができない・・・かどうかは置いておき、楽しかった週末の休みも秒速で終わりました。

のんびり船でも見ながら昼寝をしたいです。

物語。

やっと写真機の設計図を取り返しにいくミッションにチャレンジしました。本作はオープンワールドで、要所要所に治安の悪い集落みたいなのがあって、そこのゴロツキとかを倒して治安回復していくのがベースの探索としてあるのですが、それ以外にストーリーに関わるような戦闘などがある時は特定のエリア内だけで展開されるミッションとしてNPCなど連れて戦うイベントがあります。

ストーリー進行と広大なマップの探索がきちんと分けられているということですね。メリハリが効いてて個人的には良い仕組みだと思います。そこからなかなか急展開でストーリーが進みやめ時がなかなか見つからないのが本作の魅力かもしれません。

設計図奪還作戦

ということで坂本龍馬と《権蔵》についてきてもらうことにして設計図を取り返しにきました。攻め込むのは賊に占拠されたなんとかいう城だそうです。

カラクリで滑空して空から攻めて敵を倒しながら進んで設計図を探すだけの簡単なお仕事です。敵もまあまあ強いのですが、NPCが引き付けておいてくれたりもするので今のところはなんとか倒せています。

設計図を取り返せば写真機の試作品をくれます。

カメラマン稼業

遊郭に戻ってたかさんのいう部屋を撮影にいきます。表向きは「活気のある遊郭を残しておきたい」ということですが、なんかこの人は裏があるような感じです。

密会現場の証拠写真を撮らされているかのようです。

案の定、桂小五郎とかいう男の部屋を撮ってこいと言われた時は見つかってしまいますし。相手は酔っ払ってへべれけだったのですが、絡まれて庭に出て剣の相手をすることに。

幕末の偉人と知り合う

そんなこんなで桂小五郎と坂本龍馬が知り合いで助かりました。

この人は久坂玄瑞(くさかげんずい)さんです。吉田松陰の弟子だとか。坂本龍馬も桂小五郎も吉田松陰が行方不明なので探しているのだとか。

こいつが桂小五郎です。

賭博に手を出す

久坂玄瑞とか桂小五郎とは旅籠に行って話をしたのですが、その場には高杉晋作もいて賭博に誘われました。サイコロ2個を振って合計が偶数なら《半》で奇数なら《丁》です。2〜3回は勝てました。

・・・賭場を出る時に変な奴らに絡まれたので高杉晋作と共闘して倒してきましたが。

ハリス襲撃

ここからが悩みどころのストーリー進行です。

アメリカから来ている領事でタウンゼント・ハリスという人がいます。この人がかの有名な《日米修好通商条約》を締結するので、阻止するために領事館を襲撃します。

ハリスの護衛がどうやら黒船に乗ってた侍ということみたいで、主人公も襲撃に手を貸すことになるのですが、桂小五郎たちの側でやるか遊郭の村山たかの依頼でやるか選択することになります。

今回は女性からの依頼でもあるのでたかさんからの依頼でやりました。仲間は坂本龍馬と権蔵です。予想通り護衛で登場したのは主人公の《片割れ》です。

5年前に一緒に黒船に潜入した際に片割れを犠牲にして主人公だけ船を脱出してきましたが、どうやら生き残っていたようです。しかし、なぜかその時の敵側の護衛をやっているというのが気になります。

片割れと相対した主人公。以後のオープニング画面はこんな感じになります。いずれ仲間として行動できる日が来るのでしょうか。

村山たか救出

ハリスの襲撃がきっかけなのかわかりませんが、遊郭の村山たかさんが突如攫われてしまいます。救出に向かったら敵はかの黒洲藩の追手の者たちでした。

主人公を追いかけてきて身近の人物を攫ったようです。申し訳ない。

カラクリ男の手助け

少し放置していたカラクリ男こと飯塚伊賀七さんですが、訪ねてみたら新しいカラクリをくれました。

ひとつは「探知機」です。どこかに潜入する際に音で敵の位置など把握できるものです。片っ端からやる私にはあまり役に立つ場面はなさそうですが。

もうひとつは火炎放射器です。スクショの通り火炎を放出します。副武器として使えるのですが、炎の出は少し遅めなので注意が必要です。ただ、銃などと違って燃料は無くなっても旗印で回復できるので使い勝手はいいと思います。

ハリスの行方

片割れの行方を追うため福沢諭吉と知り合いになってハリスの行方を追いかけます。神奈川宿というところまでやってきました。

ハリスとの取引

ハリスと知己になって護衛の人とゴロツキ退治に出かけます。雑魚は放置して親玉を叩こうという作戦ですが、なんと親玉は久坂玄瑞でした。

最終的には新撰組とかの仲間になりたいので、あまり倒幕派と仲良くしてるのは良くないのかと思って距離を置いてるつもりなので、その辺はいいのかな、と。とりあえず回復薬切れて初の負けを覚悟しましたがギリギリ勝てました。

ここまでの人物名鑑

こんな感じです。

結。

ストーリーの進展がなかなか急で先を追いたい気分なのと、探索要素をもっと楽しみたいので迷ってます。探索した方が育成とか装備などの強化もできるので地道に強化をしていこうかと思います。