blog.tmp.tokyo

No Promises Await at Journey's End

ザクとは違うのだよ、ザクとは!〜 MHW:IB #040

序。

金曜日というのはいいですね。

長かった1週間がようやく終わって2日間の休みが始まります。休みが始まるとまた次の1週間のことが頭に過ぎって憂鬱になりますので金曜日が永遠に続けばいいのに、と昔から思っております。

私はお酒は飲まないので仕事終わりの楽しみといえばゲームになるかな、と思っています。平日でも時間をとってゲームがしたいのです。

狩。

2024年5月16日(木)の記録です。

フォロワーさんとSteam版のMHW:IBのマルチをしてきました。進行状況がほぼ同じなのです。まあ、逆にこのゲームは進行度が並走してると二人で同じクエストへ行くのが難しいので悩ましいところがありますが。

今回はその辺にもチャレンジしています。

M★1「今日のディナーは龍結晶」

前回の紅蓮バゼルを倒した後は、古龍の痕跡集めをしていく必要があります。フォロワーさんの方はすでに調査が終了していましたが、私の方が残っていたので適当なフリークエストへご同伴いただきました。

結構痕跡集めたんですけど、微妙に残ってしまいました。もう1回くらいクエスト行かないと・・・。

M★3「回転と言えば爆槌」

これで痕跡集めは完了です。ひとつ前のクエストと共に対象のモンスター倒す時は乱入とかありまくりで大変でしたが、救難信号も出したりしてなんとかクリアできました。

M★5「死を纏うヴァルハザク」

そしてストーリーに関わる任務クエストです。《死を纏うヴァルハザク》の討伐となります。ワールドを知らない時はヴァルハザクって絶対にガンダムに出てくるMSの名前だと思っていたんですけど、実はモンスターなんですね。

まず、進行度が全く同じ人同士で任務クエストをマルチでやる場合は次のとおりやれば可能です。

  1. 集会所でそれぞれ別々に対象の任務クエストを受注する。
  2. それぞれ個別にクエストへ出発してモンスターの探索と出会った時のムービーを見る。
  3. どちらかがクエストを抜けて集会所へ戻る。
  4. 抜けた方がもう一人が進めている方の任務クエストに参加する。

とやりました。これで無事に同時進行で同じクエストをプレイすることができました。

3乙しましたけどね(テヘペロ)

M★5「死を纏うヴァルハザク」

2回目です。

2回目なら無問題でどちらかが受注したクエストに参加すれば良いです。要はムービーだけ一人で見てこいというわけですね。

前回、ヴァルハザクに3乙したのは、

  1. 瘴気ビームが当たった。
  2. 瘴気ビームがクリーンヒットした。
  3. よくわからない瘴気攻撃でかなり離れた場所にいるのに突然乙った(まだ謎)。

という流れでした。まあ、つまるところ「瘴気」対策をしておけ、ということだと思うので《耐瘴珠》を3つつけて再戦しました。

救難信号も割とすぐ集まって無事に討伐完了です。やはり耐性がついてると安定感が違います。

M★2「はばたけ、パオウルムー!」

次の任務に備えてまた痕跡集めの調査があるので1回だけ行きました。ただ、1回では集まらず6割くらい集まった感じです。時間が遅くなったのでこの日はここまでとしました。

撮。

結。

残り3クエストです。

もはやソロは無理だと思っているのでマルチもしくは救難信号でやります。探索から入れれば一番楽なんですけどね。

それでもまあ、あれこれ不満たらたらで始まったMHW:IBもようやくここまできて楽しくなってきました。本気で辞めてた時期もあるので始めてからだいぶ時間が経過していますが、あと少し頑張ります。

今回の教訓は耐性です。ちゃんと次に行くモンスターの下調べをして対策をしておかないと失敗してしまいます。まあ、自分が失敗する分には構わないのですがマルチでご一緒したり、わざわざ救難信号で来てくれた方々もクリアできないまま終わるので可能な限り対策はしていくのが良いと思っています。

次はどんなモンスターかな。