blog.tmp.tokyo

航空写真家

Infinite Flight 19.4 Updateが来た!A350で大空を飛べ!

発表からわずか3日。

www.blog-tmp.tokyo

A350
推して参る

もはや我が人生に一片の悔いもなし!ガンガン飛びます。練習します。福岡行きます。

日本航空のA350も参戦してます。JA04XJの4号機です。今は嵐ジェットになっているので、この塗装の機体はリリース時点の2019年12月10日の段階では存在しません。

日本にデリバリーされてから数日間はこの塗装でした。またこの塗装で飛ぶ日も来るでしょう。

ILSの捕まえ方

機体が増えた以外にも操作方法が変わった点があります。操作パネルが変わった程度のものは見れば分かりますが、ILSだけは全然わからなくてTwitterで詳しい人が投稿するのを見かけて理解しました。

備忘録を兼ねて書いておきます。

操作画面。左下の地球のアイコンをタップしてMapを開きます。ちなみに画面は羽田空港の滑走路上です。ここから出発、という段階で画面を開いてます。

Mapでは着陸したい空港を選択します。この場合はRJAAを選びます。4レターコードですが成田です。

空港は青い丸印ですので、タップすると小さく「RJAA - 134ft」と表示されます。小さいですが、この部分をタップします(文字のところ)。

すると、左側にINFORMATIONが出ます。ここの下側にRUNWAYSというボタン(タブ?)が出るので、タップするとその空港の滑走路が表示されます。

着陸したい滑走路(の方角)を選んで、下に表示されている「Set NAV 1」をタップすれば設定されます。これでAPPRで自動で着陸できます。

上のスクショでは羽田空港で成田のILSを選んでいるようになってますが、実際はSet NAV 1をタップするとout of rangeでエラーになります。着陸予定の空港に近くならないと選べませんので、近づいたらILSを設定しましょう。

JALのA350で飛ぶ

以下、ギャラリーです。

ユナイテッド航空で飛ぶ

以下、ギャラリーです。新塗装のA350が参戦してます。

着陸動画

最後にILS捕まえて最初の着陸を動画にしておきました。音楽流れますので音量にご注意ください。

www.youtube.com