blog.tmp.tokyo

航空写真家

夏旅2019 #011 JALのA350最後の訓練飛行を狙え!(後編)

From : tomohiko37_i
@関空のスタバ

関空を満喫してます。

www.blog-tmp.tokyo

激動の関空遠征2日目の撮影を終えました。上の記事を書いたのが関空へ向かう電車の中でした。朝6:37に堺駅を出発する関西空港行きの電車に乗っていたのでした。

遠征の時は事前にタイムテーブルを作るのが私のやり方です。具体的に髪とかに書き出しているわけではありませんが、何時にホテルを出て何時の電車に乗る、その次が何時のバス、などと徹底的に時刻表や路線検索を駆使して予定を組みます。

今回の場合だと、

  • 6:05 ホテルを出発
  • 6:37 堺駅から関西空港行きの電車に乗車
  • 7:15 関西空港に到着
  • 7:26 展望ホール行きのバスに乗車
  • 7:32 展望ホール着
  • 8:00 展望ホール開店
  • 8:20 JAL A350出発(新千歳空港)

と言う感じにまとめてます。訓練飛行のスケジュールがわかってますので、関空を出発する時刻から逆算して電車などの移動を決めます。

予定通り関空の展望ホールに7:32頃に着きました。8:00の開店に間にあわせるために入り口で待ちます。

入り口で待っていたら何やらおばさんが一人でやってきて、

「展望ホールまだ開いてないんですか!」

となぜかものすごい剣幕で聞かれました。

「8:00からですよ」

と教えてあげたら、

「はぁ?」

と逆ギレ。そう言われましても・・・と思っていたらブツブツ文句を言いながらいなくなってしまいました。ま、この手のちょっと変わった人は一定数はいるので仕方ありません。予定はきちんとリサーチしておきましょう。

待っている最中に着陸してくる機体がありました。


© OpenStreetMap contributors

今日の関空は上のような着陸をしました。展望ホールの位置と24Lとある場所の位置関係を見ていただくとわかりやすいのですが、24Lに着陸する機体は目の前を通過します。しかし、近年はこの24Lの着陸はほとんど行われません。

それが早朝だとあるんです。それもA380のような大きいものでもおります。

モニ写(カメラのモニターに映った写真をスマホで撮った)で申し訳ありません。持っているのが望遠レンズなので大型機を近くからだとフレームアウトしてしまいますが、ギリギリ収まった感じです。

こんなことをしていたら展望ホールが空きました。まだ誰も人がいないのでゆっくりとロケハン。撮りたい場所を確保したまでは良かったのです。

ターゲットのA350もちゃんと確認しましたし。ところが、時間が来てA350が動き出したら狙ったかのように雨が降ってきました。

この世の中に神も仏もあるものかッ!

パラパラくらいならそのままとっても良かったのですが、結構降ってきてこりゃヤバイと慌ててカバンの中からカメラ用のレインカバーを取り出して装着。カメラは守られましたが、自分の身体やカバンはずぶ濡れです。もはや屋内に置いてくる暇もありません。ターゲットは動き始めてます。

それでもなんとか撮影。なんのかんの言ってもこれが最後の訓練飛行です。このまま離陸して新千歳空港まで行きました。

そして、この機体が飛んだ直後に雨が弱まり、やがて止みました。

この世の中に神も仏もあるものかッ!