blog.tmp.tokyo

航空写真家

夏旅2019 #005 大阪2日目

ブログ書くの忘れてました。

大阪でひとり弾けてます。

www.blog-tmp.tokyo

昨日はものすごく良い天気で、展望デッキや外周部から撮影をしてました。ホテルに早めにチェックインしたのですが、シャワーを浴びて疲れて寝不足からか夜中まで寝てました。

機内&機窓

昨日の振り返りです。早朝6:25発のNH985便に乗りました。なんか色々遅れて20分遅れくらいになりました。

搭乗機はBoeing 787-9です。JA833Aです。ANAが運航する国内線の787-9(以降、789と表記)は2機です。2機とも乗ったことがあります。

今回は3Aの席。向かって左側の前から3列目です。789はプレミアムクラスが18席あります。787-8よりも1列多いのです。

機内に入るとまずチェックするのが機内誌。ANAが保有する機体のページが好きです。ホヌが出てます。

ミレニアム・ファルコンも保有しているようですが、どこの路線を飛んでるのでしょうか。是非とも乗りたいです。

787の機内の窓は他の機体と異なり、日除けがありません。上から降ろすタイプのものが一般的ですが、787は最新型なので「電子シェード」が採用されています。

窓の下のこのボタンを押すことで日除けをします。上の方を押すと通常の窓に戻り、下の方を押すとサングラスのようになります。押す回数により日除けの段階を調整できます。

2段階くらい色をつけてみたところです。青みがかってますね。この辺りが個人的には好みです。外も見えますし、眩しくも無いくらいです。

この電子シェードを下ろした状態で機窓の写真を撮ると異世界を飛んでいるかのようです。Twitterの方で結構反応いただいたのですが、かなりヤバめです。

全部iPhoneからの撮影です。フィルターかかると結構面白く撮れるものです。

1枚くらいは主翼を、と思って思いっきり振り返って撮った1枚。ビジネスマンばかりの伊丹便の中でひとり落ち着かない客になってます。

プレミアムクラスのお楽しみが食事です。国内線でも出ます。羽田⇄伊丹とかの短距離でも出ます。ただし、フライト時間が短いので気合いで食べないと時間がありません。乗り慣れたビジネスマンとかになると食べずに仕事してる人もいます。

食事が終わるとだんだんと高度を下げて目的地に近づきます。市街地の上空を飛びます。

伊丹便は左側の窓際に乗れば最後に大阪城を見ることができます。以下、着陸間際の機窓をお楽しみください。

羽田の新滑走路運用で東京上空を飛ぶとか大騒ぎしてますが、これを見ると大阪の方が圧倒的にヤバいです。羽田なんかへっちゃら。

到着。大阪国際空港です。

長くなりました。続きます。