blog.tmp.tokyo

航空写真家+セールスライター

MENU

遠征前、最後の羽田撮影(3)

今年の夏休みまであと少しです。大阪遠征が楽しみです。そろそろ準備などした方が良いのですが、まだ何もしてません。いつも通り前日の夜になると思われます。

最近、iPhoneの表示文字サイズを最大にして、かつ拡大表示にして使うのがマイブームです。歳をとったせいか大きめの文字の方が認識が早くなりました。そういえば会社のパソコンもプログラムを書くエディタの文字サイズをかなり大きくしています。

今朝の記事もよろしくお願いします。

www.blog-tmp.tokyo

さて、本題です。

www.blog-tmp.tokyo

令和元年8月17日(土)の撮影記録の第3回目の記事になります。この日はずっと国際線ターミナルで撮影した上に、南風運用だったので写真はどれも右向きの機体が多いです。

JAL DREAM EXPRESS 90・Boeing 767-300ER

ミッキースクリーンデビュー90周年を記念したJALの機体です。

この機体に関しては過去の記事で特集してましたので、そちらも参照ください。

www.blog-tmp.tokyo

右側と左側でミッキーの顔が違うので2倍楽しめますね。

大韓航空・Boeing 777-300

大韓航空の777です。前回記事で編集時に色を出すのが難しいエアラインの話を書きましたが、大韓航空も難易度高めです。

この水色を綺麗に表現したいです。前回記事のアシアナ航空とともに、国と国との関係が微妙な時期ではありますが、飛来した以上はベストな写真を撮らせていただきます。

キャセイパシフィック航空・Boeing 777-300

キャセイの777です。こちらも国の方がデモだの空港閉鎖だの大騒ぎですが、羽田へ来てくれて嬉しい限りです。

まあ何事も言い分があるとは思いますが、政治は政治、文化は文化、飛行機は飛行機、飛来した以上はベストショットを狙います(同じことしか書いてない)。

オープンパラレルの魅力

あんまりうまくいかなかったんですけどツーショットな離陸の写真です。

実は飛行機がツーショットで離陸する写真を撮らせたら誰にも負けない自信があります。以下、私の固定ツイートです。こんな感じのものが撮れます。

twitter.com

これは日本だと羽田でしか撮れないと思います。オープンパラレルと呼ばれる間の離れた平行滑走路から同時に離陸するのは羽田くらいです。

全部、羽田空港国際線ターミナルの展望デッキから撮れますので南風運用の時に狙ってみてくださいね。

ANA HELLO 2020 JET

こちらはANAのオリンピック応援機体です。2018年1月から国内線に就航しているので、だいぶ見慣れてきた感じはあります。

ただ、やはり目にすればインパクトは大きいです。JALの公式キャラが描かれた機体よりは目立つと思います。

スカイマーク ヴィッセルジェット

羽田へ行くと特別塗装機のオンパレードとも言えますね。ドラゴンボールでみんながスーパーサイヤ人になって「スーパーサイヤ人のバーゲンセールだ」と言ったベジータの言が懐かしいです。

Jリーグ・ヴィッセル神戸とのコラボ機です。まあ見ればわかりますね。神戸と聞くと少しハイソでおしゃれな感じがします。野球にサッカーに、沢山のスポーツを応援しているスカイマークはなかなかいいですね。

ガルーダ・インドネシア航空(レトロ機)

ガルーダ・インドネシア航空の特別塗装機を初めて撮影できました。これまで何度も羽田に来ていたのは知っていたのですが、今年は何と言ってもホヌに振り回されている側面があり、羽田はおざなりになっていました。

そんなわけでようやく撮れた機体です。

実はこの日はレトロ機がきていることを全く知らずにノーマークでした。たまたま展望デッキで撮影していて人が沢山集まってきた(同業者の方ね)ので、何か来るんだっけ?とFlightradar24をチェックしたら「ふぁー!」となった次第です。

何はともあれ、ずっとお目にかかりたかった機体。撮れて大満足です。

まとめ

あと1回くらいの記事になります。書き終わる頃には私の夏休みが始まります。

追伸

引き続き前回からのお願いです。

実はアンケートの回答をしてくださった方がおります!

お忙しい中、本当にありがとうございます。いただいたご意見は誠心誠意、今後の活動に役立てさせていただきます。

セールスライティングに関する勉強の一環で、カメラに関するアンケートを実施中です。

www.blog-tmp.work

もしよろしければぜひご回答をお願いします。さらに、どこか空港などでお会いいただき、より詳しくインタビューさせていただける方には、手持ちの航空関係のグッズを差し上げます。

以下のアンケートではメールアドレスなどの個人情報の収集はしておりません。

docs.google.com

ぜひともよろしくお願いします。