blog.tmp.tokyo

華麗なるフォトグラファーなプログラマ

MENU

JALの新型A350XWBを激写セヨ!(2)

昨日の記事の続きです。

www.blog-tmp.tokyo

第2ターミナルの展望デッキでJALの新型A350の着陸を撮りました。16:30に再び訓練飛行で新千歳空港へ行く予定になっていたので、第1ターミナルの展望デッキへ移動しました。

成田のターミナル移動はバスです。

やはりホヌや嵐ジェット、JALのA350など今年の成田は航空ファンにとって話題の機体が目白押しです。それが全部成田に集中しているので、展望デッキも例年に比べて人が多い気がします。

撮影用のレンズ穴の確保が難しいです。いつもトイレの話をしていますが、トイレを済ませてなるべく水分を取らずに展望デッキへ行き、穴を見つけたら迷わず確保。目的の飛行機が撮れるまでテコでも動かん、という固い決意で臨みます。

14時前に第1ターミナルの展望デッキに到着して、結局A350を撮ったのが16:45だったので、実に3時間近く動かずに撮影していました。おまけに座れるベンチのある場所が確保できなかったので立ったままです。

まあ、それだけレンズ穴が重要です。1万円くらい出すから30分くらい穴の番をしてくれるバイトをしてくれる人はいないかなぁなどと思ったこともありますが、それくらいレンズ穴の有無で撮影環境が変わります。羽田みたいにワイヤー式だと場所は問わないので嬉しいのですが。

ほぼ定刻通りの16:30に出発。滑走路から離陸したのは約15分後です。ホヌもそうですが、訓練飛行は乗客や荷物が積まれていないのでスタッフのみです。そのため軽いのです。

展望デッキから姿を見たときにはもう飛び立ってます。早い早い。こんな早い上がりは見たことがありません。とにかく無言でシャッターを切りまくりました。

A350を見送り、しばし放心状態に。

後日談

毎回写真の現像が遅いことで有名な私ですが、今回は超速でその日のうちに実施しました。Twitterにて投稿したらたくさん反応いただきました。JALの公式Twitterアカウント様からもコメントをいただき感謝感謝です。

※Twitterの投稿を引用しようとしましたが、正常に貼れなかったので、申し訳ありませんが @tomohiko37_i のアカウントをご覧ください。