blog.tmp.tokyo

華麗なるフォトグラファーなプログラマ

MENU

FLYING HONU 2号機の慣熟飛行開始を激写!

昨日の記事で「読み」がどうたら〜と書いてました。ちょっとした予想をして成田へ行ったわけです。

www.blog-tmp.tokyo

2019.05.25 Sat のイベント

この日は航空関係では話題が集中しました。

  • 成田
    • ホヌ初便がハワイから戻り。
  • 羽田
    • エアフォース・ワン
  • セントレア
    • 嵐ジェット

まあ、東京にいるとセントレアには気軽に行ってくるとは言えないんで、羽田か成田になるわけです。エアフォース・ワンもかなり魅力ですし、撮ったことがないので何もなければ行ったと思いますが、やはりホヌの魅力には敵わず。

ハワイからホヌ1号機が帰ってくるのは朝の時点でホノルルを出発するのをチェックしていたので問題なく見れるはずでした。

私が予測していたのは別のことです。

ホヌ2号機の動向

5/18にフランスから日本にデリバリーされてきたホヌ2号機ですが、1週間ほど沈黙してました。初号機は3/21にデリバリーされてから4/6に訓練飛行を始めるまでは2週間くらいいろいろやっていたのですが、2機目ならそれも短いだろうと思いました。

2号機が訓練飛行することはニュースなどでも明らかにされていたので、あとはいつからかが焦点でしたが私は昨日の5/25と予想しました。

ホヌ初便が5/24なので、それより前はないだろうと思っていました。初便が出て落ち着いた翌日は訓練を始めるには最適では?と思い、朝早くに自宅を出て成田へ向かいました。

航空科学博物館へ

8:15頃には成田空港の展望デッキに到着。すでに人がたくさん来ており、撮影用のレンズ穴の確保を最優先に。なんとかキープしました。

早く来たのには訳があり、これまでホヌの訓練飛行は朝9時前後に出発することが多かったので、やるなら朝だろうと思っていた訳です。

しかし、10時を過ぎても飛ばず。

これは予想が外れたかな、と思い仕方なくせめて2号機の姿だけでも撮っておきたくて、前に行った航空科学博物館までタクシーで行きました。

成田空港の第1ターミナルからタクシーだと2,000円前後かかります。バスに乗れば210円なんですけど、第2の方へ行ったり時間の都合などもあるのでケチっても仕方ないと考えてタクシーで。

結果的にこれが大当たりの要因にもなりました。

さらに入館料の500円を支払い、エレベーターで急いで最上階の展望室へ。

い・・・た・・・。

手前に4機くらい機体が駐機していてホヌ2号機は背中のあたりしか見えず。こりゃ完全に今日はダメですわ、と判断して頭を切り替えてバスの時刻表を見たらすぐ乗れそうだったので、再び第1ターミナルまで戻りました。

この頭の切り替えと行動が大当たりの要因2つめ。

さらに食事はレストランではなく、コンビニで買って展望デッキで場所を確保してそこで食べました。これが要因3つめ。

大勝利

そして、まさかの大当たりが来たんです。

flightradar24でホヌ2号機が出発するのを確認。展望デッキに戻ってきて数分での出来事です。本当にタイミングが良かった。

タクシーで行って時短したのも、頭を切り替えてすぐに戻ってきたのも、レストランに入らずコンビニでおにぎり買ってきたのも、全てが勝因となり目の前にホヌ2号機がやってきました!

2号機のエメラルドグリーンが最高!顔もニコニコの表情で見てる方まで笑顔になります。本当にいい笑顔です。

ドアップ。もう悶絶しそうです。2号機の表情が一番かわいいかなぁ。

昨日は16Rからの離陸。北側からですので、滑走路に向かう途中に展望デッキの目の前を通過してくれるのが嬉しいですね。

そして離陸。

展望デッキから見えるところに登場した時はすでに前が浮き上がっていました。乗客もいませんし、燃料も少なめだと思うので機体が軽いんですね。早く上がるのを見れるのは訓練飛行ならでは。

時間的に逆光気味なので、少し編集で明るめに。

いい離陸です。

本命の帰還

そして、ホヌ2号機が飛んでから約2時間後に本命のホヌ1号機が帰ってきました。こちらは前日にホノルルへ初就航を開始した初便の戻りです。

ホノルル行きがNH184便で、帰りがNH183便です。ホヌが使用されたNH183便はこれが最初です。

お客さんをたくさん乗せてハワイから帰還。時間的には15時前後なので、冬場でも明るい時間帯に見れると思います。定期便に入ったので、これからはホヌ1号機は割と見やすくなるかと思います。

帰り

ホヌ1号機の到着を撮ってホヌホヌしていた頃、どうやら千葉県のあたりで震度5弱の地震があった模様です。撮影に夢中で全くわかりませんでしたが。

帰りのスカイライナーは「令和」仕様。無事に予想通りのホヌを撮れて満足でした。エアフォース・ワンは諦めざるを得ませんでしたが、その価値は十分にあったかと。

今年はホヌを追いかけて成田へちょくちょく行ってます。スカイライナー代も結構かかっているので少し控えます。次はホヌ3号機が来た頃かなぁ。