blog.tmp.tokyo

華麗なるフォトグラファーなプログラマ

MENU

キッチンのリフォーム

うちはマンションです。賃貸ではなく持ち家?です。

買ったのは前にアイコンに使っていた初代タヌキの置物を買ってきた祖父です。もう24年くらい前です。まだ今ほどマンションが立ち並ぶ時代でもなかったこともあり、結構な額でしたがキャッシュで買ってました。

今は私の母が受け継いだので、黙って大人しくしていればそのうち私のものになります。とりあえず火事を出さず、大災害とかで壊れない限りは住むところに困らない人生は送れる予定です。

10年で家電が逝く

だいたい10年くらいだったところで冷蔵庫、洗濯機、テレビ、掃除機あたりが壊れて買い換えました。ソニータイマーじゃありませんが、一定の周期で壊れるようにできているんではないかと思います。

20年でリフォームが必要になる

そして数年前あたりから少しずつマンションの部屋そのものが調子悪くなり、修理などすることが多くなりました。

最初はトイレ

何年か前にトイレが壊れて新しいものに交換しました。トイレが使えないと結構死活問題だと認識したのはこの頃ですね。

新しいのは、トイレのドアをあけると勝手に動き出して事前の洗浄を始め、便器の蓋をあげるとLEDのライトがついて便器の中を照らします。

正直、無駄な機能だと思いますが。

事が終わると、自動的に霧のような水が吹き出して洗浄の準備をします。流した時により綺麗になるように、だと思いますが検便の時とかに水がかかって採取しにくくなるので微妙な機能です。

昨年、風呂をリフォーム

そして一昨年、私が島根から帰ってくる少し前に風呂のリフォームをしました。きっかけは風呂釜が壊れたためです。修理するにしても全面的に工事が必要なので、リフォームすることに。

祖母も90歳近くなり、風呂の浴槽が高くてまたげないようになってきて、老人でも入りやすい設計のものに変更しました。

おかげて現在はとても綺麗で快適な風呂になりました。脱衣所との段差などもなくなり、祖母が一人で入浴できるようにもなっています。

まだローンを払っていますが、リフォームは大成功ということで家族もろとも非常に満足しています。

そしてキッチンへ

昨日、3月31日(日)に不意に1本の電話が。キッチンのリフォームのため見積もりだけでも・・・という営業の電話です。

キッチンもだいぶ古くなり、ガスコンロも古いタイプなので、年寄りが使うことなどもあることからなんとかしないと、という思いはありました。

また、キッチンの上の棚は高いところにあるため家の住人では私くらいしか届かず、普段使わないものしか入れておく事ができません。

そんなわけで、そろそろ次はキッチンを考えないと、と思っているところでしたので見積もりだけでもして価格の相場を知っておくのも良いかな、と。

結局、決めました

結論から言うとリフォームすることにしました。

通常価格の値引き額に加え、リフォーム会社のホームページにbefore & afterの写真の掲載と他のお客さんがリフォームする際に一度だけ参考にうちのリフォームのキッチンを見に来させてもらう、という条件で広告宣伝費の利用ということでかなり格安でやってもらえることになりました。

詳しい価格は控えますが、通常価格だとキッチンまるごと変えると余裕で100万は超えます。それをだいぶ下回る価格でやってもらえる、ということで今度こちらからリフォームが必要になった時にお願いするとなると絶対にこの金額では無理だろと思われる価格まで「勉強」していただいたので、決めました。

一番の決め手は

まあかなり破格の値段にしてくれたこともありますが、今回うちに来た営業の方がとても信頼できる方とお見受けした事が大きいです。

私のサブブログの方でも触れていますが、人間は何か買う時に信頼できない人からは買いません。

そして、機能ではなく価値をいかに見せてくれるか、がセールスのポイントでもあります。この価値のことを「ベネフィット」と言いますが、今回で言えば、

  • 安全な新しい今の時代のガスコンロ
  • 掃除などが手軽にできる新しいタイプの換気扇
  • 背が低くなった祖母が使いやすい高さのキッチン
  • 高いところから取り出しやすい収納

などをチョイスし、うちの母親や祖母がより毎日使いやすく安全な形で食事の準備ができるキッチンを提案してくれたと思います。

「50万円以上の価格になったら断ろう」

と事前に母と話をしていたのですが、結果的にそこからまだ高くなったものの、上に書いたようにリフォームすることで得られる価値が家族の意向にぴったりであったことや、見積もりに来た営業マンの信頼性などがあったので決めることにしました。

うちの家族は私もそうですが、決める時に悩むことはしません。買わないと決めたらスパッと断りますし、買う時はその場で即決します。何度も見積もりの交渉をしたりするのは時間の無駄だと思ってるので、車なども買うと決めたら1回の見積もりでスパッと決めます。

悩んでる間の時間が一番勿体無いです。

やるならやる、やめるならやめる、それが一番です。なので、今回もじゃあ考えておくのでまた来てください、なんて面倒なことはせずに、お互いに条件だけ出し合って、雑談含めて色々話をした結果、その場で決めました。

飛行機に乗って遠征に行くときも、行くと決めたら数万円の出費になりますが宿泊先と航空券を通勤電車の中で決めて申し込んでしまいます。どうしようかなぁと迷っている間に泊まる場所がなくなったり、飛行機でも良い席が埋まってしまうこともあります。

即断即決。

これが我が家の家訓かもしれません。実際、結構アレコレ良い条件のお話があることもありますが、断ることの方が多いです。

先日もpeach aviationからダイレクトメールが来ていて、航空券のセールで国内線が1,980円くらいであちこちいけるチャンスがあったのです。座席指定とか荷物預けとかしても片道5,000円くらいなので北や南に行ってこようかと思ったのですが、

「ホヌの撮影が先だ」

と自分の中では決めていたので見送りました。その結果、先日の記事で速報を書いた通り、ホヌの撮影に成功しました。

工事は新しい時代になってから

ということで長くなりましたが、契約書を交わしてキッチンのリフォームを行うことになりました。

ただ、結局のところ工事はG.W.明けになるとのこと。また、工事は2〜3日必要で、その間はキッチンが使えません。外食しないとダメですね。

また工事が終わったら様子を書きたいと思います。