blog.tmp.tokyo

華麗なるフォトグラファーなプログラマ

MENU

2019年。人類はまだ花粉と戦っている

世の中の杉の木を全部切り倒してしまえば花粉症は一気に解決するからマスクとか対策グッズは売れなくなるだろう。

などと妄想して現実逃避したことがある人は手を挙げなさいッ!

ヽ(・∀・)

諸般の事情で自宅作業や長期の休暇中の私なので少しは楽ですが、いざ外出した時は気をつけないと悲惨なことになります。

花粉症対策2019

世の中の技術がどれほど進歩してもたぶん花粉症と風邪とインフルエンザだけは無くならないと思います。逆に癌とか認知症とかはあと30年くらいで普通に治るようになると妄想してます。

まあ「FAXもあと5年でなくなる」と20年以上前に周囲に偉そうに言ってみましたが、まだ使われてますね。人の予言なんてそんなものです。

そういえば、先日 drake(id:kemoxxxxx) さんのふわっち配信で「ノストラダムス」の話が何かで出てきてマヤ暦では2012年に人類滅亡と予言されていた、という話が出てきて思い出したのですが、月刊「ムー」が2012年の後半でこのネタを扱い、人類滅亡と大特集を組んで不安を煽られたのですが、記事を読み終わった後に「次号予告」とか「年間購読の案内」が出てきて「あ、まだ世界は続くんだ」と思って虚しくなった記憶があります。散財しなくて本当に良かったと思います。

安定のマスク

花粉症対策はマスクに始まりマスクに終わる。

今、私が思いつきで書いた言葉です。結局、マスクが全てです。マスクをつけていればとりあえず大丈夫です。

私が愛用しているのはこのマスクです。メガネをしているのでマクスをつけると曇ります。ですが、このマスクだと大丈夫です。ちょっと曇らないようにつけるのには慣れが必要ですが。顔へのフィット感や花粉に対する防御力などを考えてもこのマスクが私の中ではパーフェクトな完成度です。

今年は更にもうひとつ

先日、ブログをいつも拝見している Hiro(id:homuhomuHiro) さんの記事で興味深いものがありました。

homuhomuhiro.hatenablog.jp

マスクにハッカ油を数滴垂らすと鼻の通りが劇的に良くなる、とのこと。これは試すしかない。

さすが我らがAmazonです!翌日に届きました。GAFAと呼ばれて最近大変かと思いますが、私は一生Amazonについていきます。

これを2,3滴マスクの裏に振りかけて・・・。

ぐはぁぁあ!

目が!

目がぁぁあ!

天空の城ラピュタのムスカのごとくのたうちまわりました。少々振りかける量が多かった模様です。鼻より目に来ました。

( ;∀;)

すいません。実際はそんなでもなかったです。過剰な演出でした。少しスーッとした感じが目に沁みた感じです。ご安心ください(誰も心配してない)。

Hiroさんの記事を見てみると「1〜2滴」と書いてありますね。勢い余ってパッパッと振りかけた気がします。量を調節して試行錯誤します。

薬を試す

マスクをしても、どこか飲食店などに入るとマスクを外さないと飲み物も飲めませんし、食べ物も食べられません。スタバでmacな意識高い系を演出するのが好きなので、割とカフェで時間を潰すことが多いためマスクを外さなければならない事態は多めです。

テレビのCMで見かけたアレジオンというのを薬局で買ってみました。1日1錠を寝る前に飲みます。

2〜3日飲んでみてますが特に変化なしです。

前にアレグラというのを飲んでみたことがあり、多少は効いた気がしましたが今回は全然ダメです。なんでアレジオンにしたかというと、なんとなく名前がネオジオンみたいな気がしてハマーン様の力でどうにかなるんじゃないかと思ったからではありません。悪しからず。

まとめ

打つ手なし。マスクを可能な限り長く装備するしかありません。あとは家から出ないでおとなしくしているしかありませんね。早くこの時期が過ぎてくれればいいのですが。

番外編・花粉が飛んでないとこへ逃げる

昔、2012年頃、それこそ人類滅亡とか騒いでた頃ですが仕事で中国の大連に行ったことがあります。ちょうど2月と3月と花粉症の時期だったのですが、成田空港まではマスクで完全防御していたのに、大連空港(正確には「大連周水子国際空港」と言います)に着いた途端、ピタリと治りました。

この国は天国なのでわ!

結構本気で大連への移住を考えましたが、数日滞在して考えを改めました。

何か別のものが浮遊してる

目に見えて見たことないものが飛んでるんです。その頃からPM2.5がどうのとか言われ始めましたし、中国は空気が悪いことでも知られてきましたので花粉の方がマシなんじゃないかと思いました。