blog.tmp.tokyo

華麗なるフォトグラファーなプログラマ

MENU

タイ空軍 王室専用機 A340-500が自宅の真上を通過した話

前にも自宅からブルーインパルスを撮影したことがありますが、今回はタイ空軍の王室専用機とやらがやってきました。

tomohiko37-i.hatenablog.jp

Twitterなしでは飛行機の写真は撮れないと言っても過言ではないほどに重要な情報源になっています。航空機関係の方々とフォローいただいているのでTLはほぼ航空機かラブライブの話で埋まります。先日、フォロワーさんが2,000人を突破してますます多くの方々と情報交換できるのがありがたくなってきています。

なんと言ってもリアルタイムで情報が飛び交ってますし、幸運なことにフォロワーさんは皆さん高校生や航空関係の仕事を目指す方々が多く、更新が早い。そのためTLを眺めているだけでその日の各地のイベントや空港に飛来してくる航空機の情報が手に入ります。

2019年3月2日(土)の朝方からTLにはとある情報で盛り上がってました。タイ空軍の王室専用機が東京方面に来ているとのこと。私も見ていましたがあいにく写真の現像があるので羽田にも成田にも行くつもりはなかったので、A340が来るとは言ってもどこに降りるのかな、くらいのことしか考えていませんでした。

どうやら横田にアプローチ入ったっぽい

というツイートがあってflightradar24で見てびっくり。こっちに向かってきます。

我が家は横田基地の離発着機の空路上にあります。ほぼ真上を横田基地に着陸する機体が通過していきます。しかも八王子なので福生市にある横田からは割と近く、着陸態勢になりランディングギア(車輪)が出た状態で通過するあたりに住んでます。

前にトランプ大統領が来た時はエアフォース・ワンが通過したはずです。私はイオンに買い物に行っていて見逃すという痛恨のミスを犯しましたが。5月26日は期待しております。是非、羽田ではなく再度横田基地へお越しください。星条旗降ってお待ちしております。

そんなわけで急いでカメラを持ってルーフバルコニーへ出ました。うちはマンションなのですが、丘陵地に建っているので5階建ですが周りに遮るものがなく、おまけにうちは最上階。ひとつ下の階の屋根の上にバルコニーがあるルールバルコニー設置の部屋です。誰にも邪魔されず撮影できます。

来たッ!

想像以上に近いッ!

1階建の4発機がA340の特徴です。

フラップもバリッバリに降りてて完全に着陸態勢ですッ!

フラップとは何か。

説明しよう。

スマホでできるフライトシミュレータ「Infinite Flight」でJALの787-9を使います。

フラップは上のスクショの矢印の部分です。飛行中はこんな感じにまっすぐになってます。これは下向きに動かすことができて、離発着時にフラップを下ろします。

こんな感じに。こうすることで翼の面積が大きくなり、揚力を大きく得ることができます。着陸時は速度を落としますので揚力が下がります。そのためフラップを下ろして揚力を得てバランスをとりながら着陸するわけです。

上のA340の写真も最後のを見るとフラップが降りているのがわかりますね。フラップは機体にもよりますが、何段階かにわけて徐々にたくさん降ろせるようになっていて、着陸間際に一番大きく降ろされます。ただ、実際はフラップを下ろして速度を落とした後に高度が下がってくるとランディングギア(車輪)が降りるので、ランディングギアが出てれば着陸間際です。ギアを下すことでも抵抗が増えますしね。

Twitterの方でも私のツイートにしては珍しく多くの方に反応頂きました。

Twitterの方もお気軽にフォローください。ただ、発信する内容は9割が航空関係、1割がラブライブです。