blog.tmp.tokyo

華麗なるフォトグラファーなプログラマ

MENU

成田のいちばん長い日(1)〜成田撮影日記(18)

最近、仕事のストレスで病んで自宅での仕事をしておりますが、心療内科に通ったり気の重いことが多い(その割にはラブライブの映画にはよく行く)ので、そろそろ神頼みのフェーズかと思い、2/1(金)を休日出勤の代休消化で休みにして成田山新勝寺へお参りに行くことにしました。

成田山新勝寺ならついでに成田でも撮影できるじゃん、というシタゴコロが見え見えですが。

日暮里からスカイライナーで。うちの母親も成田山新勝寺は毎年行ってるのでついてくると言いましたので、まあ心配かけてることもあり、母親と2人分の指定席を購入して成田へ。

高いだけあってスカイライナーに乗れば僻地たる成田にもあっという間です。めでたしめでたし。

途中、ニュースでJALの787が誘導路でスリップして脱輪して泥の中に車輪突っ込んで動けなくなったという情報が。そのおかげでA滑走路(4,000mの長い方。第1ターミナルから見える方)が閉鎖。全ての離発着は遠くB滑走路からになりました。

まあとりあえず第1ターミナルの展望デッキでも行ってみるか、と来てみたら「凍結のため閉鎖」と。

外に出れず屋内から眺めるとすぐ目の前にJALの機体が見えます。これが今回の事故の機体です。外に出て撮影したいなぁと思いましたが、まあ撮るにしてもこの機体くらいしか撮れないので潔く諦めて成田山新勝寺へ行くことにしました。

成田空港から京成線かJRですぐです。たまたまJRの時間があわなかったので、京成線で来ました。第2ビル駅を通過して次の京成成田駅で下車です。

時間がうまく合えば成田空港から15分もかからず到着できるかと。

前日はこの辺りは雪でした。まだ日陰のあたりは雪が残っていました。まあ関東の人間はヘタレなのでこのくらい白いと大騒ぎですし、ニュースでもトップニュースになります。

前にブラタモリで見た記憶があります。坂を下っていく参道を歩いて成田山新勝寺まで。

到着。門をくぐって中へ入ります。

本殿です。もう初詣というよりも節分の時期ですねぇ。どうやら横綱とか来るみたいです。

お賽銭を投げて今後の体調の回復や野望?などについて祈願をしました。

お守りを買うのが好きなのですが、時代を反映してカード型の御守りがありました。これだとスマホのケースとかに入れておくことができます。iPhone依存症の私には絶好のアイテム。

帰りは坂を登ります。意外と急勾配ですね。

狭い道なのにバスとか通るし。

帰りに京成成田駅の近くにあるお店に寄りました。来るときに気になっていたのですが、タヌキの置物がたくさんあったのです。

私のブログのアイコンやTwitterを見ていただくといつも使われているかと思いますが、タヌキの置物が大好きです。

ただ、今アイコンにしている置物は自宅にあるのですがかなり大きいんです。蕎麦屋の入り口とかに置いてある感じです。

数年前に亡くなった祖父が死ぬ間際に買ってきたのですが、少しボケててなんで突然買ってきたのかよくわからないままでした。

ただ、表情がとても愛らしくて気に入っていたのでSNSのアイコンに長らく使ってました。気に入ってはいましたが、やはり祖父の買ってきたもので自分用にタヌキの置物が欲しいと思って事あるごとに探したりしていましたが、気に入った顔のものがなく、今回ついに見つけました。

別途記事にしてアイコンも一新しますのでご期待ください。

お参りをして、カード型の御守りも買い、気に入ったタヌキの置物も見つけていいことが起きそうな予感です。ここ数日のモヤモヤが少しは晴れたかもしれません。

すぐに成田へ戻り撮影開始しました。
続きます。