blog.tmp.tokyo

航空写真家

旅に出ます(1)

1月は忙しくて全然休みがなかったのですが、仕事を終えて満足感でいっぱいです。久々に休み返上で働きました。

途中からはクライマーズ・ハイとかランナーズ・ハイとか死域とかガンダムを超越したとか、なにやら怪しい状態だったかもしれません。

休みがないことにも文句も言わず、毎日終電でも文句も言わず、朝5:30に家を出ても文句を言わず、仏のような境地でした。

これが最終解脱か!

とまあ少し正気に戻りました。

に出ます。さないでください。

自分探しの旅、などという意識高い系の方々がやるような崇高な旅ではありません。彼らこそ最終解脱しているのでは?

単に大阪まで787に乗りに行きます。

なぜ大阪なのか。

羽田から近いので運賃が一番安いからです。解脱したもののいうこととも思えません。

日本のドル箱路線です。

JALとANAを合わせると、30分に1本くらいは羽田から伊丹へ飛んでると思います。島根県の電車より本数が多いと思います。

ここのブログでもちょくちょく関空へ行ったとか福岡へ行ったとか書いているかと思いますが、私は自分でお金を出して飛行機に乗って出かけるのを「遠征」と呼んでいます。航空ファンがみんなそう呼んでいるからなのですが、必ず新しいモレスキンのノートを新調して持っていきます。

いつもはポケットサイズのモレスキンなのですが、今回はこれにしました。iPad miniの横幅を少し狭くしたくらいのサイズです。

これにチケットやレシート、その他なんでも貼り付けて、あったことやなかったことや、感じたこと、なんでも書きます。

1回の遠征で1冊。

余ってもそれで終わり。旅の思い出。

まあ、これまで一度も見返してませんけどね。

休みは1週間取る予定なので、のんびりしてこようと思います。